鉄道ホビダス

JR東日本が通勤型車輌新造計画を発表。

130703n001.jpg
▲来年度から南武線に投入予定のE233系車輌のイメージ。 (JR東日本プレスリリースより)

JR東日本は、通勤型車輌の新造計画を発表し、南武線用にE233系、新潟地区にE129系、仙台地区の仙石線・東北本線接続線用にHB-E210系ディーゼルハイブリッド車を投入することを明らかにしました。

南武E233.jpg
▲E233系とこれまでの205系車輌との比較。 (JR東日本プレスリリースより)

南武線用のE233系は6輌編成を計35編成(210輌)新製、2014年度から川崎―立川間で順次運転を開始する予定です。従来の205系と比較して約1割定員が増加し、混雑を緩和できるほか、車内照明をオールLED化し、従来の蛍光灯の約6割の消費電力量に低減を図り、しかも在来の205系と比較して約7割の消費電力量で走行可能となっています。

■E233系関係のアーカイブリンク ※タイトルをクリックすると当該アーカイブにとびます。
・E233系がデビュー!
・E233系試運転に乗る
・常磐緩行線にもE233系
・京浜東北・根岸線用E233系1000番代登場
・E233系1000番代が正式にお披露目
・E233系「ローレル賞」受賞式典
・東海道本線用E233系3000番代登場
・常磐緩行線用E233系登場
・E233系2000番代報道公開
・京葉線にもE233系
・E233系5000番代誕生
・E233系中間車に新番代登場
・E6系量産と埼京線・横浜線用E233系を発表
・埼京・川越線用E233系7000番代営業運転開始へ

E129.jpg一方、新潟地区に投入予定のE129系は2輌編成を計30編成(60輌)、4輌編成を計25編成(100輌)の合計160輌で、上越線(水上―宮内)、信越本線(直江津―新潟)、羽越本線(新津―村上)、白新線(新潟―新発田)、越後線(柏崎―新潟)、弥彦線(東三条―弥彦)の各線で2014年度から順次運転を開始する予定です。
こちらも従来の115系車輌と比較して定員が約1.5割増加するほか、車内照明をオールLED化して従来の蛍光灯の約6割の消費電力量とし、115系車輌と比較して約5割の消費電力量で走行可能なものとなっています。
▲新潟地区に投入されるE129系のイメージ。 (JR東日本プレスリリースより)

E129fig002.jpg
▲E129系と従来の115系との比較。 (JR東日本プレスリリースより)

仙石線・東北本線接続線用ディーゼルハイブリッド車輌として新製されるHB-E210系は2輌編成が計8編成(16輌)。2015年の仙石線・東北本線接続線の開業時より仙石線(高城町―石巻)、東北本線(仙台―塩釜)、仙石線・東北本線接続線(塩釜―高城町)で営業運転を開始する予定です。このHB-E210系は2輌1編成の構成とし、片側3扉で通勤・通学客の乗降をスムーズに行うことが可能です。また、こちらも車内照明をオールLED化して従来の蛍光灯の約6割の消費電力量とするほか、排気ガス中の有害物質である窒素酸化物(NOx)と粒子状物質(PM)の排出量も約6割低減した環境にやさしい車輌となります。

130621nRML167bn.jpg

kokutetsu34_bln.jpg

130604n201bn.jpg

レイル・マガジン

2013年7月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.