鉄道ホビダス

2013年3月13日アーカイブ

130313n005.jpg
▲日本海の荒波を車窓に見ながら快走する4174D「江差線冬号」。'13.3.2 上ノ国-江差 P:辻 晴穂
クリックするとポップアップします。

「開業後77年で幕を閉じようとしているJR北海道江差線非電化区間、ずーっと親しんできた江差線。あと残すところ一年余り...その江差線の近況をお伝えします。」と江差町在住の辻 晴穂さんからメールを頂戴しました。

130313n008.jpg
▲日本海を背に、鴎島、開陽丸をのぞむ。'13.3.3 江差-上ノ国(125D) P:辻 晴穂
クリックするとポップアップします。

JR北海道が、2015年度末の北海道新幹線新函館(仮称)開業を前にした2014年春を目途に木古内~江差間42.1㎞を廃止する方針を固めたのはすでにご承知のことと思いますが(編集長敬白アーカイブ「江差線木古内~江差間廃止か?」参照→こちら)、江差町、上ノ国町、木古内町の沿線3自治体の対策協議会は昨年末に、①代替バスの支援を20年分、②バス運行区間を木古内駅~江差駅から木古内駅~道立江差高に延伸、③運行するノンステップバス3台の更新費用を2回分に増額の3条件をJR側に提案していました。

130313n004.jpg130313n003.jpg
▲町民の歓迎を受ける「江差線冬号」。江差駅ホームはひさしぶりの賑わいを見せた。'13.3.2 江差駅(4174-4177D) P:辻 晴穂
クリックするとポップアップします。

これに対してJR北海道は3月1日に代替バス運行に9億円の支援案を提示、協議会側も"満額回答"には至らなかったものの、この提案を受け入れる方向で、今月中にも合意にいたって2014年春の廃止が揺るがないものとなりそうです。

130313n002.jpg
▲「江差線冬号」が第一天ノ川橋梁を駈ける。'13.3.2 宮越-湯ノ岱(4177D) P:辻 晴穂
クリックするとポップアップします。

130313n009.jpgそんな中、さる3月2日にイベント列車「乗ってみるべ~ 江差線冬号」が函館~江差間で運転されました。江差線の魅力を車中から再発見しようと企画されたもので、通常は単行運転の列車に2輌を増結して3輌編成となった「江差線冬号」には、遠く首都圏から参加した方も含めて88名のお客さんが乗車されました。
▲曲線(R300)の第二天ノ川橋梁を渡り、夢の仮設駅、天ノ川駅に差し掛かる122D。'13.3.3 湯ノ岱-宮越 P:辻 晴穂
クリックするとポップアップします。

130313n006.jpg
▲第二木古内川を渡る4174D「江差線冬号」、定期列車に2輌増結の、珍しい3輌編成。'13.3.2 吉堀-神明 P:辻 晴穂
クリックするとポップアップします。

130313n007.jpg
▲雪を蹴散らしながら進む125D。'13.3.3 渡島鶴岡-木古内 P:辻 晴穂
クリックするとポップアップします。

車内では全国に知られる「江差追分」や「ソーラン節」が披露され、木古内産の和牛を使用した「こうこう汁」や「ほたて炙り丼」が振る舞われて好評を博したそうです。また、沿線3町の公式キャラクター「しげっち」(江差町)、「カミゴン」(上ノ国町)、「キーコ」(木古内町)も同乗、じゃんけん大会などで車内はおおいに盛り上がったそうです。

130313n001.jpg
▲折からの爆弾低気圧による吹きだまりで身動きがとれなくなってしまった「江差線冬号」の折り返し4177D。イベントのお客さんは江差駅で降車したが、この列車に乗っていた一般客の方はタクシー代行となり、3連の列車そのものは立ち往生、翌朝やっと脱出した。'13.3.2 湯ノ岱-神明(4177D) P:辻 晴穂
クリックするとポップアップします。

「自治体や議会、地元住民からの強い反対運動もなく、静かに消えてゆく江差線。何か、とてもかわいそうという気持ちが湧いてきます。寂しげに、今日も静かな山間に木霊する走行音...もっともっと永く残ってほしい。」辻さんは、メールをそう結ばれています。

RML163bnn.jpg

panf_bn.jpg

RML162bn.jpg

detabookn101.jpg

レイル・マガジン

2013年3月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.