鉄道ホビダス

2012年12月14日アーカイブ

伊豆急クモハ103に乗る。

121214n113.jpg
▲伊豆大川で下り列車の交換待ちをするクモハ103の車内から。'12.12.2 伊豆大川
クリックするとポップアップします。

ちょうど一年前、2011(平成23)年12月の伊豆急行開業50周年事業の一環として、往年の名車100系クモハ103が復活したのは記憶に新しいかと思いますが、先日、このクモハ103を用いた団体貸切列車が運行され、私も復活後初めて乗車する機会を得ました。

121214n002.jpg
▲伊豆急下田駅で転線するクモハ103。こちら下田方前面の前灯周りは新製時と同様にオーシャングリーンに戻されている。'12.12.2 伊豆急下田
クリックするとポップアップします。

伊豆高原の車庫入換用として残されていたクモハ103は一時は解体の話も出ていたと聞きますが、幸いなことに車籍を抹消しておらず、2011年7月から10月中旬にかけて大がかりな改修工事が行われ、2011年10月30日夜、初の復活試運転が行われるにいたりました(編集長敬白アーカイブ「伊豆急クモハ103復活」参照→こちら)。

121214n115.jpgただ、復活までの道のりは決して平坦ではありませんでした。伊豆東海岸で半世紀を過ごしてきた車体は当然のことながら傷みも激しく、伊豆急の技術関係者の皆さんがベテランから若手まで総出で献身的な修復にあたられたそうです。その甲斐あって、今回つぶさに観察させていただいても、とても1961(昭和36)年製の車輌とは思えない凛とした姿に再生されており、動態の鉄道遺産として後世に誇りえる車輌となったと言えましょう。
▲往年の前サボも新たに誂えられて雰囲気を盛り上げる。'12.12.2

121214n106.jpg
▲モケットはすべて張り替えられているが、このモケットはレプリカではなく、当時の生地業者が1輌分だけ持っていたものを譲り受けて使用したとのこと。'12.12.2 伊豆急下田
クリックするとポップアップします。

121214n109.jpg121214n107.jpg
▲"JNR 東鉄"の文字も懐かしい中吊り広告(左)。右は同じく当時の広告が目を引く扇風機。'12.12.2 伊豆急下田
クリックするとポップアップします。

復活に際しては1Mでの運転が前提のため、補助電源の関係から既存の冷房装置は撤去され"非冷房化"されましたが、幅1300㎜のゆったりとした窓を開閉する自由は乗客に委ねられており、窓を開け閉めする楽しさにあらためて気づかせてくれます。今回は12月だけに、残念ながら温暖な伊豆と言っても走行中に窓を開けるわけにはゆきませんでしたが、春以降は窓から車内を吹き抜ける潮風がさぞや心地よいに違いありません。

121214n108.jpg
▲上り306レは伊豆熱川で下り列車と交換。やってきたのは"すっぴん"に戻って人気を博す8000系TB-2編成。'12.12.2 伊豆熱川
クリックするとポップアップします。

121214n104.jpg121214n105.jpg
▲側面には昔ながらの横サボ(左)、車内にはこれまた懐かしい東急車輌の銘板(右)が残る。'12.12.2 伊豆急下田
クリックするとポップアップします。

121214n110.jpg121214n101.jpg
▲下田方のみに付くブレーキホースは機関車代用として貨車を牽引していた時代の名残(左)。右は真新しい検査標記。'12.12.2 伊豆急下田
クリックするとポップアップします。

今回乗車した列車は伊豆高原~伊豆急下田間での運転でしたが、クモハ103は南伊東~伊豆急下田間での運転が可能だそうです。伊豆急ではこのクモハ103の貸切運転を募集しており、基本パッケージは伊豆高原~伊豆急下田間往復ですが、南伊東発着のプランも相談に応じてくれるそうです。
■伊豆急100系貸切運転基本プラン
・乗車代金:一人5000円(駅弁・記念品付き)

※座席定員68名、最低申し込み人員30名以上

・基本コース:伊豆高原11:12発→伊豆急下田11:52着(305レ)
       伊豆急下田14:50発→伊豆高原15:50着(306レ)
・記念特典:100系特製「ストラップ」、100系特製掛紙「駅弁」
※詳しくは同社HP(→こちら

121214n111n.jpg
▲暖かな温もりを感じさせる車内で至福のひとときを...。'12.12.2 伊豆大川

なお、伊豆急100系については宮田道一さん、杉山裕治さんによるRMライブラリー『伊豆急100形 誕生からラストランへ』に詳述されていますので、ご乗車の際はぜひご一読ください。

!cid_271529D6-6D7D-48D7-8618-487FCE089A31.jpg

121119RML160bn.jpg

waga09.jpg

レイル・マガジン

2012年12月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.