鉄道ホビダス

四国丸亀の"阪堺電車"。

121114n005.jpg
▲パブリックプラザ・トラム パティスリー&ブラッセリ-「おやつ電車」の看板を掲げた元阪堺のモ175号。残念ながらお店はお休みだった。'12.10 P:宮武浩二
クリックするとポップアップします。

先般は日本無軌道電車の情報(→こちら)をお寄せ下さった大阪の宮武浩二さんから、今度は四国の丸亀に保存されている阪堺電気軌道モ175号の情報をいただきました。

121114n002.jpg
▲本格的に3線軌道が敷設されている「パブリックプラザ丸亀」。'12.10 P:宮武浩二
クリックするとポップアップします。

阪堺モ175号が保存されているのは丸亀市蓬莱町の「パブリックプラザ丸亀」というショッピングモールで、なんと数十メートルにわたって1067㎜と1435㎜の3線軌道が敷設されており、電車はこの北端に留置されています。管理は隣接する丸亀パブリックゴルフコースが行っているようで、最近になって車体も再塗装されて非常に美しい状態となっています。

121114n003.jpg側面には"PLAZA-Tram Patisserie & Brasserie"(パブリックプラザ・トラム パティスリー&ブラッセリ-)「おやつ電車」の看板が掲げられており、あげパンが名物のようですが、残念ながら宮武さんが訪問された際には営業していなかったとのことで、車内がどうなっているのかはわかりません。いずれにせよ、パンタグラフと逆側の前面にはエアコンの室外機2基が取り付けられており、店舗として車内も利活用されているようです。
▲路面電車のホーム様の台の上には排障器が並べられていた。'12.10 P:宮武浩二
クリックするとポップアップします。

121114n004.jpg
▲こちら側の正面裾部にはエアコンの室外機が取り付けられている。ただし、これ以外は見事に原形を保っている。'12.10 P:宮武浩二
クリックするとポップアップします。

このモ175号は通常運用を持つ電車としてはわが国最古参として知られる阪堺電気軌道モ161号(編集長敬白アーカイブ「阪堺電軌モ161に乗る」参照→こちら)と同じモ161形に属しますが、本来は同系列のモ151形モ160号が出自です。1927(昭和2)年川崎造船製の同車はのちにモ158号への改番を経てモ161形に編入されてモ175号となり、2003(平成15)年に廃車となっています。

121114n001.jpg
▲今年春に阪堺標準色に塗り直されたというだけにまるで現役電車のように状態は良い。'12.10 P:宮武浩二
クリックするとポップアップします。

いったいどのような経緯で瀬戸内海を渡って丸亀の地にやってくることになったのか、また立派に敷設されている3線軌道にどんな意図があったのか興味は尽きませんが、齢85歳を迎えた古典電車がこうして大事に利活用されているのはなんとも嬉しい限りです。

waga09.jpg

121016_RML159bnsn2.jpg

120726jnr9.jpg

kokutetsu31_02.jpg

レイル・マガジン

2012年11月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.