鉄道ホビダス

2012年11月 9日アーカイブ

ケ91を観る。

121109n001.jpg
▲JR東海浜松工場にほど近い「堀留ポッポ道」に保存展示されているケ91。ケ90と同様に教材用だったため一部のケーシングが欠き取られているものの、状態はさほど悪くない。'12.7.8
クリックするとポップアップします。

浜松に行く機会があり、時間をつくって「掘留ぽっぽ道」(浜松市菅原町)に保存されているケ91を訪ねて来ました。振り返ってみると、前回このケ91を見に行ったのは1984(昭和59)年のこと(編集長敬白アーカイブ「臼井茂信さんを偲ぶ」参照→こちら)ですから、実に28年ぶりの再会ということになります。

121109n002.jpg
▲そのバックビュー。上辺が傾斜したコールバンカは雨宮(大日本軌道)の特徴のひとつ。'12.7.7
クリックするとポップアップします。

ケ91は「リニア鉄道館」で保存展示されているケ90の兄弟機で、2輌のみの「ケ90形」に属します。あらためて簡単にご紹介すると、ケ90形は旧東濃鉄道(のちの東濃鉄道とは別で現在の太多線の一部)の1・2号機で、大日本軌道鉄工部1918(大正7)年製。1926(大正15)年に買収されて国鉄(鉄道省)に編入され、狭軌軽便線用の形式「ケ」を冠することになりました。ただし、1930(昭和5)年5月には早くも廃車されていますので、"国鉄機"としての在籍はわずか4年ほどということになります。

121109n003.jpg121109n004.jpg
▲サイドタンクや砂箱回りを見る。蒸気溜上のスライド弁式の加減弁はキャブからロッドとリンケージを介して開閉される。'12.7.7
クリックするとポップアップします。

僚機ケ90については「リニア鉄道館」入りする以前、JR東海社員研修センターに保存展示されていた際の様子をご紹介したことがあります(編集長敬白アーカイブ「ケ90を訪ねる」参照→こちら)が、両機ともに廃車後は教育用の教材(ケ90=名古屋鉄道局教習所、ケ91=浜松工場)として一部のケーシングがカットされてしまっているのが残念ではあります。ただし、ケ91はケ90ほど派手に切開されてはおらず、ことに非公式側はほとんど"無傷"です。

121109n005.jpg121109n006.jpg
▲臼井茂信さんが「亀の子束子を重ねたよう」と形容された特徴的な加減弁(左)。シリンダー前のポートはボトムタンクへの給水口(右)。'12.7.8/7
クリックするとポップアップします。

121109n007.jpg傍らに建てられて説明看板には「このケ91は大正7年(1918)年に国産初期の軽便機関車で大日本軌道株式会社が製造し東濃鉄道(岐阜県美濃太田~多治見間)を走っていた。その後廃車となり国鉄浜松工場に静態保存されていた物です。」とあり、さらに時代を反映して「この蒸気機関車は一部にアスベストを使用しておりますが毎年点検整備を実施して封じ込めができていますので安心してご利用ください」(浜松市公園管理課)との注記もあります。
▲キャブ背面には錘式のブレーキが備わる。'12.7.7
クリックするとポップアップします。

121109n008.jpg121109n009.jpg
▲残念ながらかなりの部品が失われてしまっている外火室後板部。加減弁ハンドルはまるでスコップの柄のような形状をしている。'12.7.7
クリックするとポップアップします。

また、キャブ内には浜松工場によると思われる「少額備品表」が貼りつけられており、それによれば何と品名は「模型」となっています。続いて品形は「Bタンクキカンシャ(ケ91ゴウ)、取得年月日は「1953-06-30」、取得金額は「54,430円」、保管場所は「経理課」と読み取れます。

121109n010.jpg
▲「堀留ポッポ道」は子ども連れや犬の散歩で地元の方々に親しまれている。地面に敷き詰められたタイルの一部は線路を表現している。'12.7.7
クリックするとポップアップします。

「掘留ぽっぽ道」は浜松工場引込線の跡地を利用した地元の憩いの場といった感じのささやかな遊歩道で、鐘撞式の踏切警報機とともに保存されているケ91の姿はなんとも微笑ましいものです。機会があればぜひお訪ねください。

waga09.jpg

121016_RML159bnsn2.jpg

120726jnr9.jpg

kokutetsu31_02.jpg

レイル・マガジン

最近の記事

2012年11月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.