鉄道ホビダス

富士急行1000系に「京王5000系カラー」。

_MG_6716_1040px.jpg
▲僅かな時間ながら、作業工程の合間に雑誌社向けに公開された1000系1001号編成。なお1000系はシングルアームパンタ化されているが、同編成のみは菱形パンタグラフを維持している。'12.10.26 電車修理工場 P:RM(伊藤真悟)
クリックするとポップアップします。

京王電鉄5000系が来年、誕生から50周年を迎えることを記念して、京王電鉄、富士急行、一畑電車の「3社共同企画」が実施されることになりました。

_MG_6727_height1040px.jpg_MG_6781_height1040px.jpg
▲車号が「5863」とされたモハ1101を正面から見る(左)。Hゴム部分もアイボリーに塗装されている。車体側面部分の車号も再現された(右)。'12.10.26 電車修理工場 P:RM(伊藤真悟)
クリックするとポップアップします。

富士急行ではその第一弾として、広幅貫通路やロングシートなど同社1000系グループの中でも「京王5000系」の面影を色濃く残す1001号編成(モハ1001+モハ1101)を京王電鉄協力のもと、当時のカラーに変更し、去る10月28日に「京王5000系カラー」の出発式、イベントが開催されました。

_MG_6743_1040px.jpg
▲京王電鉄全面協力のもと、種別板と「陣馬」の愛称板を掲出。28日に河口湖→大月で運転の臨時列車では、実際にモハ1101(5863)に装着された。'12.10.26 電車修理工場 P:RM(伊藤真悟)
クリックするとポップアップします。

河口湖駅では「京王5000系カラー」の出発式や車輌撮影会、グッズ販売が実施されたほか、臨時電車の運転(河口湖~大月間1往復)、RMライブラリー146『京王5000系 ―ファンの目から見た33年―』の著者である鈴木 洋氏による「トークショー電車」が河口湖~富士山~河口湖で運転されるなど、盛りだくさんの内容となり、終日多くのファンで賑わっていました。

_MG_6825_1040px.jpg_MG_6839_1040px.jpg
▲客室内は特に変更は行なわれていない(左)。車内に掲出された往時の懐かしい広告(右)。このほかにも京王5000系引退時のイベント告知広告なども用意された。'12.10.26 電車修理工場 P:RM(伊藤真悟)
クリックするとポップアップします。

このイベント開催2日前の10月26日には、電車修理工場において「京王5000系カラー」の変更作業の合間を縫って、雑誌社向けに1001号編成の公開が行なわれました。

_MG_6895_1040px.jpg
▲イベントにおける撮影会第1回目は、最初で最後?の1000系5本並び。'12.10.28 河口湖 P:伊藤真悟
クリックするとポップアップします。

「京王5000系カラー」への変更にあたっては、車体前面及び側面の車号をモハ1001は「5083」、モハ1101は「5863」と京王時代の車号に変更するとともに、前面の黒Hゴムをアイボリーに塗装、車号の標記位置も京王時代の場所にあわせ、さらには台車や床下機器の塗色も京王5000系の色とし、両先頭車のタイフォンを異なるものにするなど、忠実に再現したものとなっています。なお形式は変更していませんので、車体妻部の形式表示は従来通りとなっています。

_MG_6948_1040px.jpg_MG_6966_1040px.jpg
▲出発式では、京王電鉄、一畑電車、富士急行3社の職員の手で「陣馬」のヘッドマークがモハ1101(5863)装着された(左)。河口湖駅1番ホームにて、3社の職員の出発合図で大月行の臨時列車が出発(右)。'12.10.28 河口湖 P:伊藤真悟
クリックするとポップアップします。

また客室内は基本的に変更はありませんが、車内吊り広告が京王時代の懐かしいものに復刻のうえ掲示されました(イベント終了後は通常広告に変更)。

_MG_6909_1040px.jpg
▲第2回目の撮影会は往年のライバル115系と競演。'12.10.28 河口湖 P:伊藤真悟
クリックするとポップアップします。

かつては高尾山の麓を駆け抜けた電車が往年のカラーを纏って富士山の麓を駆け抜ける...、今後も1000系「京王5000系カラー」は大いに注目の的となるでしょう。
なお富士急行では11月18日に「富士急電車まつり2012」の開催を予定しており、メイン会場となる河口湖駅では、車輌撮影会に1000系「京王5000系カラー」が登場する予定となっています(「富士急電車まつり2012」についてはこちらの記事を参照)。

取材協力:富士急行

121016_RML159bnsn2.jpg

120726jnr9.jpg

kokutetsu31_02.jpg

レイル・マガジン

2012年10月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.