鉄道ホビダス

C58 239が動態復活へ。

c58239_0005n.jpg
▲岩手県営運動公園内の交通公園に静態保存されているC58 239。後ろにはオハ35 2001とワム187953が続いている。'02.5.14 P:名取紀之
クリックするとポップアップします。

本日午後、JR東日本からたいへん嬉しいニュースが飛び込んできました。岩手県営運動公園内の交通公園に静態保存されているC58 239号機が動態復活することになったのです。D51 498号機、C57 180号機、C61 20号機(復活順)に続いてJR東日本としてはついに4輌目の動態復活蒸機誕生です。

c58239_0001n.jpgJR東日本のプレス発表によると、このC58 239号機は修復整備のうえ2013年度冬以降の運行を計画しており、釜石線を中心とした東北エリアで「SL銀河鉄道」(仮称)として運転される予定です。土休日を中心に年間80日程度運行され、また東北各地で開催されるイベントやキャンペーンにあわせて東北エリアの各線区での運行も検討しているそうです。

▲静態保存中のC58 239を正面から見る。宮古機関区時代は郡山工場式の集煙装置を装備し、前照灯もシールドビームのLP405の2灯であった。'02.5.14 P:名取紀之
クリックするとポップアップします。

c58239_0013n.jpg
▲テンダーには1500ℓの重油タンクが搭載されている。区界峠をはじめとした難所を担当する宮古区のC58にとっては、集煙装置とともに欠くことのできない装備であった。'02.5.14 P:名取紀之
クリックするとポップアップします。

c58239_0008n.jpgところでこの「SL銀河鉄道」(仮称)は、釜石線では急勾配区間を走行するなど、C58のみでの牽引が困難であることから、動力付のキハ141系(旧50系客車改造車)をJR北海道から購入して改造する予定だそうです。この専用客車(気動車)は指定席車及びオープンスペース車からなる4輌編成で、コンセプトはもちろん「銀河鉄道」。世界的な工業デザイナーでKEN OKUYAMA DESIGN 代表の奥山 清行氏のプロデュースにより、東北の「文化・自然・風景」を感じことができる車内空間として誕生する予定とのこと。
▲キャブ機関士側から公式側前方を見る。盛岡SL等保存会の皆さんの献身的な整備でまるで現役機のよう。'02.5.14 P:名取紀之
クリックするとポップアップします。

c58239_0006n.jpgc58239_0007n.jpg
▲そのキャブ内。機関士側(左)、機関助士側(右)ともに欠品もなく素晴らしい状態に保たれているのがわかる。'02.5.14 P:名取紀之
クリックするとポップアップします。

今回動態復活が決まったC58 239号機は1940(昭和15 )年6月に川崎重工業兵庫工場で製造(製造番号2321)され、1940(昭和15)年6月26日付け達529号で名古屋局に配置、1941(昭和16)年3月に奈良機関区に配置されたものの、戦時中の1943(昭和18)年5月に宮古機関区に転属し、以後1970(昭和45)年3月に盛岡機関区に移るまで一貫して山田線・小本線(岩泉線)を中心に活躍してきました(詳しくは『「SL甲組」の肖像』第4巻「慟哭の区界峠 -宮古機関区-」参照)。1972(昭和47) 年5月22日付けで廃車となるまでの32年間のうち実に27年間を岩手県で活躍してきた機関車です。また、1970(昭和45) 年2月28 日の山田線「さようなら蒸気機関車」(C58 90号機との重連)の前補機の重責も担っています。

PA260677n.jpg
▲C58 239号機を護り続けてきた日本鉄道OB会の皆さん。'02.5.14 P:椎橋俊之
クリックするとポップアップします。

岩手県営運動公園には1973(昭和48) 年5月1 日より保存されていますが、この清掃・整備を自主的に担ってこられたのが「日本鉄道OB会」を中心とした盛岡SL等保存会のメンバーの皆さんです。あの奥中山三重連のレギュレータを握った盛岡機関区OBの皆さんだけに蒸気機関車への愛着は格別で、その献身的な活動があってこそ本機が素晴らしい保存状態を保ってこられたと言っても過言ではないでしょう(『「SL甲組」の肖像』第1巻参照)。

c58293fig.jpg
▲「SL銀河鉄道」(仮称)のイメージ。"客車"はJR北海道のキハ141系(旧50系客車改造車)を譲り受けて改造を施す計画。(JR東日本提供)
クリックするとポップアップします。

ちなみにC58 239の後ろにはオハ35 2001とワム80000の187953号が続いており、両車もすこぶる良好な状態を保っています。ことにオハ35形のトップナンバーである2001号車(電暖化にともなって原番号に2000をプラス)はニス塗りに白熱灯の車内もまるで現役かと思わせるほど綺麗で、その意味では主役たるC58 239なきあとの去就が注目されます。

c58239_0012n.jpg
▲素晴らしい状態に保たれているオハ35 2001。1939(昭和14)年日本車輌製で、こちらも博物館級の鉄道遺産。'02.5.14 P:名取紀之
クリックするとポップアップします。

c58239_0009n.jpg
▲その車内。通常は公開していないだけに見事なコンディションに保たれている。'02.5.14 P:名取紀之
クリックするとポップアップします。

c58239_0010n.jpgc58239_0015n.jpg
▲オハ35 2001の妻面に残る銘板類。「更新改造Ⅰ長野工機部 昭和25年」や「更新改造 2 大船工場」など、歩んできた歴史が凝縮されている(左)。右はワム187953の内部に設置されたキャビネットで、蒸機時代の資料等が整理保管されている。'02.5.14 P:名取紀之
クリックするとポップアップします。

0924_RML158bn.jpg

120726jnr9.jpg

kokutetsu31_02.jpg

レイル・マガジン

2012年10月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.