鉄道ホビダス

近鉄 新型観光特急「しまかぜ」を発表。

120928n001.jpg
▲現在の車輌の製造状況(9月10日撮影)。(近畿日本鉄道プレスリリースより)
クリックするとポップアップします。

近畿日本鉄道は本日、次世代 新型観光特急「しまかぜ」の概要を発表いたしました。この新型観光特急は来年2013(平成25)年に行われる伊勢神宮式年遷宮に合わせて、近鉄沿線の最重要観光拠点である伊勢志摩地域の活性化を推進する切り札として開発されたもので、随所に今までにない「鉄道の旅」の魅力をアピールする新機軸が盛り込まれています。

120928n009.jpg愛称名の「しまかぜ」は志摩に吹く風の爽やかさをイメージして命名されたもので、風にそよぐ様をシンボライズしたロゴマークも合わせて発表されました。編成は6輌編成で、1号車と6号車が展望車輌、2号車と5号車が3列シートの座席車、3号車がカフェ車輌、4号車がグループ席車輌となっています。
▲ 新型観光特急「しまかぜ」のロゴマーク。(近畿日本鉄道プレスリリースより)
クリックするとポップアップします。

120928n007.jpg
▲編成概要。6輌編成2本が新製される予定。(近畿日本鉄道プレスリリースより)
クリックするとポップアップします。

すべてのシートは幅広でデラックスカー仕様の3列配置とされ、シートピッチも従来の特急よりも格段に広くした実に125㎝。しかもプレミアムシートには本革を使用し、ふくらはぎを支える電動レッグレストまで装備されています。さらに、鉄道車輌として初めてシート背もたれにエアクッションを設置し、腰部の硬さを調整するランバーサポート機能やリラクゼーション機能も備えています。

120928n006.jpg
▲3列シートがシートピッチ125㎝とゆったりとレイアウトされた客室内。(近畿日本鉄道プレスリリースより)
クリックするとポップアップします。

120928n005.jpg注目すべきは3号車のカフェ車輌と4号車のグループ席車輌で、グループ席には掘りごたつ風の部屋で靴を脱いでくつろげる「和風個室」やリビングのようにゆったりとした時間を過ごせる「洋風個室」も用意されています。近鉄の発表によると、個室はいずれも寝台車を除いて日本最大の広さだそうです。また、近鉄伝統の二階建て構造となるカフェ車輌の「1階カフェ席」と「2階カフェ席」では沿線の名産品を使用した軽食、お弁当や、志摩観光ホテル アイスクリームなど地元でしか味わえないオリジナルスイーツなどが楽しめます。
▲エアクッションまで備えた本革シート。(近畿日本鉄道プレスリリースより)
クリックするとポップアップします。

120928n004.jpg
▲先頭車両は大きなガラスを配した見晴らしの良い「展望車輌」(左)。右はグループでの旅行を楽しめる大型テーブルを備えた「サロン席」。(近畿日本鉄道プレスリリースより)
クリックするとポップアップします。

120928n002.jpg
▲広々とした空間に天然の御影石を敷き詰めた特徴的なエントランス。(近畿日本鉄道プレスリリースより)
クリックするとポップアップします。

120928n003.jpg
▲掘りごたつ風の部屋で靴を脱いでくつろげる「和風個室」(左)とリビングのようにゆったりとした時間を過ごせる「洋風個室」(右)。(近畿日本鉄道プレスリリースより)
クリックするとポップアップします。

120928n00.jpg
▲近鉄伝統の二階建て構造からの眺望とともに軽食を楽しめる「2階カフェ席」(左)と。落ち着いた空間で軽食を楽しめる「1階カフェ席」(右)。(近畿日本鉄道プレスリリースより)
クリックするとポップアップします。

運行開始日は来年2013(平成25)年3月21日(木)。以後、水曜日を除く毎日運行(大阪・名古屋とも同一日)で、運行区間は大阪難波・近鉄名古屋駅~賢島駅間(停車駅 <大阪難波~賢島>大阪難波、大阪上本町、鶴橋、大和八木、伊勢市、宇治山田、鳥羽、鵜方、賢島<近鉄名古屋~賢島>近鉄名古屋、近鉄四日市、伊勢市、宇治山田、鳥羽、鵜方、賢島)。
運賃・特急料金に加え、乗車キロ数に応じた新型観光特急「しまかぜ」用特別車輌料金が必要となります。また、個室(和風個室、洋風個室)を利用の場合は、別途個室料金(1室1,000円)が必要となります。(個室の定員は4人ですが、3人から発売。サロン席の定員は6人ですが、4人から発売。別途料金は不要。)

120928n008.jpg
▲新型観光特急「しまかぜ」の運行区間。大阪難波10時40分頃(土休日は10時20分頃)発賢島13時10分頃(土休日は12時50分頃)着、賢島16時00分頃発大阪難波18時30分頃着、近鉄名古屋10時20分頃発賢島12時30分頃着、賢島15時40分頃発近鉄名古屋17時50分頃着と発表されている。(近畿日本鉄道プレスリリースより)

この新型観光特急「しまかぜ」には専属アテンダント(接客係)4名も乗車し、お出迎え、お見送り、軽食や飲料の販売、おしぼりの配布、記念乗車証の配布など、きめ細かなサービスを行なってくれるそうです。なお、この新型観光特急「しまかぜ」に使用される座席の一般展示が本日より行われています。伊勢神宮式年遷宮の紹介パネルも合わせて展示されているそうですので、この週末は一足早く「しまかぜ」をイメージしに会場に足を運んでみてはいかがでしょうか。
〔実施場所〕
●大阪上本町駅 地上コンコース
9月28日(金)~10月4日(木)
●第19回「鉄道の日」「鉄道フェスティバル」 明治公園(霞岳広場)
10月6日(土)、7日(日)(予定)
●近鉄名古屋駅 4番線ホーム
10月9日(火)~10月22日(月)(予定)
●「きんてつ鉄道まつり」
11月10日(土)、11日(日)(予定)
●大阪難波駅 東改札口コンコース
2013年1月上旬(予定)

0924_RML158bn.jpg

120726jnr9.jpg

kokutetsu31_02.jpg

レイル・マガジン

2012年9月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.