鉄道ホビダス

『ガイドブック最盛期の国鉄車輌』第9巻完成。

120726n12_13p.jpg
▲早いもので全廃から15年が経つEF63形。その活躍も本巻では余すことなく収録。 (『ガイドブック 最盛期の国鉄車輌』第9巻より)
クリックするとポップアップします。

毎年ご高評いただいている浅原信彦さんのライフワーク『ガイドブック 最盛期の国鉄車輌』の単行本、今年の第9巻では、いよいよ皆様にもおなじみの新型直流機の前編をお届けします。

120726jnr9H1.jpg第9巻となる「直流新型電気機関車1」は、そのパイオニアたるED60・ED61からスタートし、ローカル貨物からブルトレまでオールマイティに活躍した「Fの60番代」の原点であるEF60、悲運のSG搭載旅客機EF61、信越本線の両雄EF62・EF63、そして現在も中央本線で最後の活躍を続けるEF64まで、全7形式を収録しています。

120726n32_33p.jpg
▲直流新型機のルーツであるED60も登場当時のぶどう色の姿から収録している。 (『ガイドブック 最盛期の国鉄車輌』第9巻より)
クリックするとポップアップします。

いずれの形式も昭和30~40年代の、新型直流機がもっとも輝いていた時代の写真を中心に収録しており、近年や末期の姿をご存知の方にも「若き日の姿」をお楽しみいただけるものと思います。

120726n78_79p.jpg
▲特急色時代のEF60形500番代。電気機関車として初めてブルートレイン牽引用として製造されながら、わずか2年足らずでEF65形500番代に交替した。
 (『ガイドブック 最盛期の国鉄車輌』第9巻より)
クリックするとポップアップします。

もちろん連載時には掲載できなかった写真・資料、そして諸元表も追加しておりますので、ぜひ1~8巻とともに書架にお揃えいただければ幸いです。なお、本誌での連載は新章・交流機編に突入し、7月発売号では仙山線で活躍した試作機ED40・ED41をお届けします。こちらもご期待ください。

120726n148_149p.jpg
▲現在も貨物列車牽引に最後の活躍を続けているEF64の若き日の姿。右ページは奥羽本線での活躍当時、米沢駅を出発する姿。 (『ガイドブック 最盛期の国鉄車輌』第9巻より)
クリックするとポップアップします。

■『ガイドブック 最盛期の国鉄車輌』第9巻「直流新型電気機関車1」掲載形式
ED60/ED61/EF60/EF61/EF62/EF63/EF64 付:諸元表

120726jnr9.jpg

RML156bn.jpg

120622nRML155bn.jpg

nankai_bunner.jpg

レイル・マガジン

2012年7月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.