鉄道ホビダス

武利意森林鉄道廃線跡ツアー報告。(上)

120729n9773.jpg
▲雨宮21号が走る丸瀬布いこいの森の軌道の路盤の一部は林鉄時代のものが使われている。雨宮21号の牽く列車をバックに解説に熱心に聞き入る参加者の皆さん。'12.6.23 P:夢里塾 (真鍋 英)
クリックするとポップアップします。

6月15日付けの小ブログ(→こちら)で告知のお手伝いをさせていただいた丸瀬布夢里塾主催の第3回「武利意森林鉄道廃線跡ツアー」が去る6月23日(土曜日)に開催されました。夢里塾の真鍋 英さんから当日のレポートを頂戴いたしましたのでご紹介いたしましょう。

120729n3979.jpg120729n3988.jpg
▲現地視察にさきがけてコミュニティーセンターでは武利意森林鉄道の歩みがスライドを用いて解説された。'12.6.23 P:夢里塾 (磯貝勝幸)
クリックするとポップアップします。

丸瀬布夢里塾では、6月23日(土曜日)に第3回目となる武利意森林鉄道廃線跡ツアーを開催しました。今回は昨年開催の第2回目のプログラムに加えて、森林鉄道武利意幹線起点24㎞地点の分岐停車場跡まで足をのばしたツアーとなりました。参加者は20名ほど。遠く札幌や旭川からの参加もありました。また、ネコ・パブリッシングの名取紀之編集局長のブログを見てお出でになったという方も数名おり、丸瀬布の森林鉄道への関心の高さを知ることとなりました。

120729n4070.jpg
▲オーラルヒストリーを披露してくださった高橋哲夫さんのお話を聞く参加者と、森の中に残る3号橋のコンクリート製の橋台。'12.6.23 P:夢里塾 (磯貝勝幸)
クリックするとポップアップします。

ツアーは8時40分から丸瀬布市街地にあるコミュニティーセンターにて開会式を行い、その後、武利意森林鉄道35年間の歴史と、雨宮21号をはじめとする武利意森林鉄道で活躍した車輌についてスライドショーを実施しました。ロータリー除雪車(酒井工作所製 )や15tディーゼル機関車 (協三工業製)など、今回は当時の貴重な写真もご覧いただくことができました。

120729n4025.jpg約30分間の説明の後は、バスに乗車いただき貯木場跡地に残る武利意幹線1号橋の橋台跡と、起点を記す石碑を見学。続けて丸瀬布川に残る2号橋橋脚と湧別川の3号橋橋脚の見学となりまた。3号橋のたもとでは、武利意森林鉄道開通年と同じ、昭和3年生まれの高橋哲夫さんによる、当時の様子についての語り部を実施。強制労働者のことや、自宅脇を通る林鉄の出来ごとなどを語っていただきました。当時のことを今に伝える数少ない生き証人のお話に、参加者の誰もが聞き入っていました。

▲武利意森林鉄道の起点を示す石碑。'12.6.23 P:夢里塾 (磯貝勝幸)
クリックするとポップアップします。

120729n4064.jpg
▲語り部の高橋哲夫さんによる解説に聞き入る参加者の皆さん。'12.6.23 P:夢里塾 (磯貝勝幸)
クリックするとポップアップします。

120729n4090.jpg3号橋の後は、道道1070号を通り分岐へ移動。この道道は、林鉄幹線の跡を利用しており、途中には現在も橋脚や発電所跡などの遺構があり、車内からご覧いただきました。分岐では用意した資料にある当時の写真と地図から撮影場所を特定してもらう作業を行いました。現在も分岐周辺の山並みは当時の雰囲気を残しており、容易に場所を探し当てられたようです。

▲写真の特徴から古写真の撮影場所の同定を試みる参加者の皆さん。'12.6.23 P:夢里塾 (磯貝勝幸)
クリックするとポップアップします。

120729n4084.jpg
▲分岐で武利意幹線と七の沢支線について説明を受ける参加者の皆さん。左端の構造物は当時の発電所跡。'12.6.23 P:夢里塾 (磯貝勝幸)
クリックするとポップアップします。

分岐から先は現在通行止めとなっているので、ツアーはここで引き返し、いこいの森へ移動。現在も動態保存されている雨宮21号牽引の列車に乗車し、現在も園内に残る廃線跡へ移動しました。この廃線跡は、路盤そのものを現在も林鉄線路として使用しているので、乗車列車を途中で止め安全確認を行った上、ステップを使用して下車。乗車してきた列車の前方に延びる線路部分からが、当時の線路部分そのものであることの説明を、雨宮21号機関士の小山から行いました。この区間には当時の暗渠もそのまま残っており、路盤の補強は行ったものの、築堤の雰囲気など当時の面影が強く残る部分となっています。近くに停車させてある雨宮号の雰囲気も手伝って、そこに林鉄が走っていたことに思いをはせる、とてもいい演出となりました。

120726jnr9.jpg

RML156bn.jpg

120622nRML155bn.jpg

nankai_bunner.jpg

レイル・マガジン

2012年7月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.