鉄道ホビダス

2012年7月25日アーカイブ

120722n2816.jpg
▲ホームの端にひっそりと佇む百葉箱。校庭などに置かれているものと同じスタイル。写真は谷町線天満橋駅のもので、設置初年は1967(昭和42)年。 P:高橋 修
クリックするとポップアップします。

京都の高橋 修さんから、この夏で大阪市交通局地下鉄の歴史ある「百葉箱」が姿を消すというEメールをいただきました。地下鉄の百葉箱? 寡聞にしてその存在さえ知りませんでしたが、リンクしていただいた日経新聞電子版によれば、駅構内の温度・湿度の観測を目的に設置されているものだそうで、その嚆矢は1934(昭和9)年に遡ると言いますから、実に78年の長きにわたって大阪の地下鉄ホームに存在し続けたことになります。

I120722nMG_2872.jpg120722nIMG_2949.jpg
▲堺筋線堺筋本町駅(左/設置初年1966年)と四つ橋線西梅田駅(右/設置初年1963年)の百葉箱。現在では内部の計測機器はデジタル化されているという。 P:高橋 修
クリックするとポップアップします。

現在でも御堂筋線の梅田駅をはじめ、同線淀屋橋駅、天王寺駅、谷町線天満橋駅、中央線緑橋駅、堺筋線堺筋本町駅、四つ橋線西梅田駅、千日前線鶴橋駅の8駅に設置されており、高橋さんは今回この全駅を回って消え行く百葉箱を記録してこられました。

I120722nMG_2917.jpg
▲御堂筋線梅田駅(設置初年1963年)ホームの百葉箱。毎日利用している方にとっても意外と見逃されがちな存在。 P:高橋 修
クリックするとポップアップします。

そこでRMライブラリー『全盛期の大阪市電』(→こちら)の著者でもある宮武浩二さんにさらなる情報をお願いしたところ、大阪市交通局の広報誌『ノッテ オリテ』No.13に関連記事があるとお送り下さいました。「駅ホームに"百葉箱"!?」と題したこの記事によれば、地下鉄ホームに初めて百葉箱が設置されたのはやはり1934(昭和9)年の淀屋橋駅が最初だそうですから、1号線(御堂筋線)梅田〜心斎橋間開業の翌年、つまり大阪の地下鉄の歴史そのものと歩んできたことになります。

120722nIMG_2995.jpgI120722nMG_2973.jpg
▲千日前線鶴橋駅(左/設置初年1969年)と御堂筋線天王寺駅(右/設置初年1961年)の百葉箱。連綿と記録されてきた観測データは大阪市公文書館に保管されているという。 P:高橋 修
クリックするとポップアップします。

地下鉄ホームは列車進入時の風の影響など安定した温湿度の計測が難しく、そのために設置されたのが百葉箱でした。ことに夏期の熱環境対策として重要視され、2001(平成13)年に地下駅舎の冷房化が完了するまでは、冷房化計画の立案にもおおいに活躍したそうです。

I120722nMG_2846.jpg
▲中央線緑橋駅の百葉箱は設置初年1965(昭和40)年と比較的新しいが、この駅だけはホームの旅客スペース外にあって近づくことはできない。 P:高橋 修
クリックするとポップアップします。

その後も冷房期間外の温湿度変化を長期的に確認するために観測が続けられてきました。さすがに3年ほど前からは旧来のアナログ式からデジタル計測器に変更されて、職員がデータを回収する手間も大幅に軽減されましたが、当然ながら百葉箱に収納せずとも正確な計測が可能なデジタル機器が発達しており、ついにお役御免となってしまうことになりました。

120722nMG_3037.jpg
▲1934(昭和9)年から78年間にわたって観測を続けてきた御堂筋線淀屋橋駅の百葉箱。日経新聞電子版によると、この淀屋橋駅ホームの8月の平均気温は設置直後の1935(昭和10)年には約23℃だったものが1960(昭和35)年には約33℃に10℃も上昇しているという。 P:高橋 修
クリックするとポップアップします。

この大阪市交地下鉄の百葉箱は、この夏、梅田駅を皮切りに順次撤去される予定で、実に78年間にわたって人知れず大阪の地下鉄ホームを見続けてきた百葉箱は歴史の彼方へと消えてゆくことになります。
先日一気に8か所回った時には「宝探しをしている」気分になりました...とは高橋 修さん。場所はホームにある(緑橋はホーム外ですが)のはわかっているのですが、現地に行くまで何処にあるのか分からず、「どこどこ?」とホームを何度も観察したそうです。今年の夏が最後とのことで、子供たち(大人も)に安全に観察してもらいたいと思いましたと、高橋さんは書き添えてくれています。

RML156bn.jpg

120622nRML155bn.jpg

nankai_bunner.jpg

レイル・マガジン

2012年7月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.