鉄道ホビダス

スタインハイマーさんの遺作展。

robertmann007n.jpg
robertmann008n.jpg
▲ロバート・マン ギャラリーからのポストカード。写真は1952(昭和27)年にワイオミング州ローリンズで撮影されたユニオン・パシフィックのチャレンジャー。もちろん現役時代のひとコマ。

毎回ご案内をいただいているニューヨークのロバート・マン ギャラリーから、この年末年始に開催されるリチャード・スタインハイマー(Richard Steinheimer)さんの遺作展のインビテーションをいただきました。

R0017621n.jpg
▲スタインハイマーさんが巻頭言を寄せている写真集『STARLIGHT ON THE RAILS』の表紙。世界の鉄道写真集の中でも十指に入ると思える珠玉の一冊。
クリックするとポップアップします。

111209n031.jpg

111209n032.jpg
▲『STARLIGHT ON THE RAILS』よりスタインハイマーさんの作品。下は1973(昭和48)年12月、満月の夜に撮影されたミルウォーキー鉄道のE77で、何と次機SD40‐2形のデッキに仁王立ちしてバランスを取りながらブロニカのスローシャッターを切ったという作品。
クリックするとポップアップします。

robertmann010n.jpgスタインハイマーさんと聞いても鉄道写真を志す皆さんは別としてご存知ない方が少なくないと思いますが、アメリカを代表する鉄道写真家のお一人で、黎明期を切り拓いた点で"鉄道写真のアンセル・アダムス"とまで評される重鎮でした。5月にカリフォルニアにお住まいの青木晴夫さんからメールで訃報をお知らせいただき、お亡くなりになったことを知ったのですが、没後半年あまりで遺作展が開かれることからもその大きさが知れようというものです。

▲ニューヨーク・マンハッタンの西南、チェルシー地区の古びたビルにロバート・マン ギャラリーがある。周囲には140近くの美術館やギャラリーがひしめいているという。'00.12 P:岡山英明(『鉄道写真2001』より)
クリックするとポップアップします。

スタインハイマーさんは1929(昭和3)年のお生まれ。カリフォルニアに長くお住まいで、戦後直後からスピードグラフィクを駆使して無煙化迫る北米各地の鉄道を撮影し続けました。とりわけ光と影を使った作画に秀で、夜間撮影で知られるあのO.ウインストン・リンクさんより前からさまざまな夜間撮影にも取り組んでこられました。

robertmann009n.jpg
▲写真展『STARLIGHT ON THE RAILS』を開催中のロバート・マン ギャラリー展示室内。このニューヨークの写真展と、清里フォトアートミュージアムで開催された日本展とも言える写真展「20世紀の蒸気機関車 ー広田尚敬、O.ウインストン・リンク」は『鉄道写真2001』で特集している。'00.12 P:岡山英明(『鉄道写真2001』より)

今回の遺作展は最後の写真集『A PASSION FOR TRAINS』と同名。スタインハイマーさんは1948(昭和23)年から『Trains』誌に400枚以上の作品を発表してこられましたが、その同じ『Trains』誌に日本人として初めて作品が掲載されたのが広田尚敬さんでした。時に半世紀以上も前の1957(昭和32)年。スタインハイマーさんはこの時から日本の"Hirota"を意識していたそうで、その後上梓された広田さんの最初の写真集『魅惑の鉄道』の英語版にも強く魅かれていたといいます。

steinheimer02.jpg
steinheimer01.jpg
▲ロバート・マン ギャラリーのホームページより。収蔵されているスタインハイマーさんの作品も20点ほどサムネールとして閲覧することができる。(ロバート・マン ギャラリーのホームページは→こちら

お二人は1990年にカリフォルニア随一の撮影地・テハチャピのループ線で初めて会われ、その時の情景がこの写真集『A PASSION FOR TRAINS』に収録されています。『魅惑の鉄道』と『A PASSION FOR TRAINS』、意訳すれば両者がほぼ同義語なのも偶然とは思えません。

111209n033.jpg
▲写真集『STARLIGHT ON THE RAILS』の裏表紙。スタインハイマーさんをはじめ、収録されているエド・デルバース、ジョエル・ジェンセン(ちなみに『Trains』最新号・2012年1月号は表紙を含め氏の写真特集)、メル・パトリック...といったビッグネームがデザイン処理されて並ぶ。日本からは「Katsusaburo Nishio」と「Naotaka Hirota」の名前が並んでいるのがわかる。
クリックするとポップアップします。

来週木曜日夜にはレセプションが開催されるそうです。これまで小ブログでご紹介してきた写真展と違って、開催地がニューヨークとあってはおいそれとお勧めすることはできませんが、この年末年始、遥か11,000キロ彼方のギャラリーで開催されている写真展に思いを馳せつつ、手元のスタインハイマーさんの写真集をもう一度じっくりと見直してみたいと思います。

waga_jnr007_520px.jpg

111118nRML148.jpg

toritetsu_bunner_520px.jpg

toei_ad.jpg


クリックするとポップアップします。

waga_jnr007_520px.jpg

111118nRML148.jpg

toritetsu_bunner_520px.jpg

toei_ad.jpg

レイル・マガジン

2011年12月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.