鉄道ホビダス

2011年12月22日アーカイブ

111221n2_3P.jpg
▲アプト晩年の横川機関区。この数ヵ月後には新鋭EF63で埋め尽くされることになる。 1963.4.30 横川機関区 P:小林正義 (RMライブラリー『国鉄アプト式電気機関車』下巻より)
クリックするとポップアップします。

上中下の3分冊となった小林正義さんの『国鉄アプト式電気機関車』の下巻が完成、ついに国鉄に所属したアプト式電気機関車の全貌を解き明かす未曾有の大作が完結いたしました。

111221rml149_h1s.jpg上巻ではアプト式および碓氷線の開通から電化までの略史とともに、日本初の本線用電気機関車でもある10000(EC40)形と初の国産機10020形(ED40)形を収録、続く中巻では、ED40形の活躍とその後の私鉄払下げ後の消長、さらに輸入機10040(ED41)形を解説しましたが、完結編となる下巻ではいよいよ国鉄アプト式電気機関車の最終完成形であるED42形について詳述していただきました。試験的意味合いの強かったED41の成果をもとに1934(昭和9)年に登場したED42形は、太平洋戦争を跨いで1946(昭和21)年までに28輌が製造されました。これはEC40形(12輌)、ED40形(14輌)、ED41(2輌)の合計輌数であり、1951(昭和26)年から1963(昭和38)年の粘着新線開通までの12年間にわたって、碓氷峠のすべての列車は、ED42形によってエスコートされることになります。

この下巻では名うてのモデラーでもある小林正義さんならではの着目点、全機の形態分類がまず目を引きます。先行試作期、量産期、戦時増備期の3期を形態面から標準型と戦時製造型の二つに大別し、さらに通風鎧窓や屋根上通風器の形態、屋根上モニターや車体リベットの有無、さらには第2端側出入台手摺の高さなどにいたるまで、その観察眼にはあらためて感服いたします。

111221n14_15p.jpg
▲28輌が製造されたED42だが、23号機以降は戦時製造型になり、外板に歪みが目立つようになった。しかし、完成は終戦後だった。 (RMライブラリー『国鉄アプト式電気機関車』下巻より)
クリックするとポップアップします。

ところで今回の形態分類に関しては小ブログをご覧いただいている皆さんの大きなお力添えがありました。今年7月の時点で全機28輌中まったく写真のないものが3輌あり、それ以外にも形態分類を行ううえで判断材料となる写真が不足している号機が数多くありました。そこで7月27日付け小ブログで皆さんにご協力をお願いしたところ、あっという間に驚くばかりの写真・資料をお寄せいただきました。この写真・資料が今回の形態分類の大きな支えとなったことは間違いなく、あらためてお礼申し上げたいと思います。

111221n18_19p.jpg
▲ED42の前面いろいろ。ED42は比較的製造途中での変化が少ない形式だが、屋根への昇降ステップが折り畳み型から17号機以降の固定型に変更されている。 (RMライブラリー『国鉄アプト式電気機関車』下巻より)
クリックするとポップアップします。

ちなみにこの小林さんの形態分類のお手伝いをしながら痛感したのが、片側=公式側(2-4位側)の写真ばかりが残されていることでした。横川-軽井沢間はほぼ東西方向、しかも基本的に南側が谷、北側が山となっており、光線状態から言っても足場から言っても非公式側(1-3位側)の写真は物理的に撮りにくいわけです。生涯一駅区間だけを住処とした機関車ならではのエピソードとも言えましょう。

111221n26_27p.jpg
▲1962年には気動車が碓氷峠を通過するようになったが、横川~軽井沢間はアイドリング状態でED42形が牽引・推進した。 (RMライブラリー『国鉄アプト式電気機関車』下巻より)
クリックするとポップアップします。

信越本線のボトルネックとなっていた碓氷峠の近代化には、技師長室が中心となって6案が出されて比較・検討が進められました。この中にはアプト式のまま改修を図る案も盛り込まれていましたが、結果はご存知のように1/15勾配(66.7‰)粘着式線増案に決定し、1963(昭和38)年9月、アプト式はその70年に及ぶ歴史に幕を下ろしました。思えばその粘着式新線でさえ来年は廃止15年...国鉄アプト式電気機関車を語り継ぐにはまさに最後のチャンスと言っても過言ではないでしょう。

〔速報と訂正〕
一昨日「年末にはその役目を終える」としてご紹介したオーストリア・ウィーンの老人ホームの「給食軌道」ですが、昨日さっそく現地を見に行かれた方からすでに運転されていないとのご報告をいただきました。まだ入所中の方がおられるため給食は行われているものの、すでに軌道は使用されておらず、仮設の荷役デッキからのトラック輸送となってしまっているそうです。
※「給食軌道」の昨日の様子は→こちら

111221RML149bn.jpg

111221kokutetsu_028.jpg

toritetsu_bunner_520px.jpg

toei_ad.jpg

レイル・マガジン

2011年12月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.