鉄道ホビダス
  • TOP
  • 編集長敬白
  • 『わが国鉄時代』vol.7は緊急特集「あなたの『国鉄時代』を護る」。

『わが国鉄時代』vol.7は緊急特集「あなたの『国鉄時代』を護る」。

111122n006.jpg
御嶽駅の休日 ED16の石灰列車が退避する御嶽駅の光景です。皆、思い思いに電車を待っていますね。休日の青梅線の雰囲気がよく出ていると思います。遠い昔の、二度と戻らない平和な光景です。'78.5.3 青梅線 御嶽 P:小林隆則 (『わが国鉄時代』vol.7より)
クリックするとポップアップします。

『わが国鉄時代』vol.7が本日発売となりました。ブログ「わが国鉄時代」の秀作による"青春記"をということで、ご投稿いただいた皆さんの思い出や熱意をそのままに、一冊にまとめて出版してはや3年、埋もれていた作品の発表する場としてすっかり定着した感があります。そして今回7巻目のキャッチコピーは「あの日、あの瞬間こそが 原動力」!

111122n021.jpg今回も、東海道・山陽本線の蒸気機関車から国鉄廃止前日の201系まで、たいへん多くの作品が寄せられました。撮り手も、時代も、もちろん被写体も違う、そのさまざまな作品に一脈通じるものを見出し、それを文字通り編んでゆくこの本の編集作業は、楽しいものです。キャプションに書かれている思い出は、もちろん撮影や列車に関するものが主ですが、友人、受験、故郷の思い出など直接写真と関連しないものもあって、そこからもまた、ほのぼのと時代の香りが漂ってくるのです。

111122n003.jpg
朝の高森線 線路に沿って白川が流れており、真冬で無風の朝に、屏風のような霧が時おり発生する。この霧を背景に撮ろうと何度か通い、ようやくものにできた。'74.1.3 高森線 長陽-立野 P:木村信夫 (『わが国鉄時代』vol.7より)
クリックするとポップアップします。

ところで、そんな私たちの青春時代の象徴とも言える「国鉄時代」が今、危機に瀕しているのです。小ブログでも警鐘を鳴らせていただいている"ビネガー・シンドローム"(アーカイブ「"ビネガーシンドローム"感染拡大中」参照→こちら)です。フィルムベースの加水分解による劣化はいよいよ加速度的に広がっており、ご投稿いただいた作品に添えられたお手紙にも、「そろそろネガがダメになってきました...」というような内容が記されていることも増えてきました。

111122n001.jpg
箱根6号甲トンネル 顔を出したデゴニ、火の粉止めが頂部をこすりそう。肩をすぼめて来たのかと思えるような狭いトンネル。明治時代の竣功のまま推移して来たのかD52の通る道。国府津発沼津行、915列車。機:D52 236。'62.11.11 御殿場線 谷峨-駿河小山 P:青木一郎 (『わが国鉄時代』vol.7より)
クリックするとポップアップします。

そこで、『わが国鉄時代』vol.7では「緊急特集」としてこの厄介な"フィルム崩壊"に立ち向う方策を専門家にうかがい記事を構成いたしました。題して「あなたの『国鉄時代』を護る」。

111122n002.jpgデジタルカメラによるネガの複写でハイクオリティーなデジタル画像を作り出す方法を確立した写真家の諸河 久さん、デジタル修整の専門家・清水昭一さん、フィルムのスキャンを主にした店を開く鈴木政美さんのお三方から、従来の現像→焼付け→スポティング→フィルムの整理・保存という流れに相当するデジタルでの手順を整理して構成いたしました。
ただ写真の保存に止まらず、ネガのデジタル化によるメリットを効果的に引き出せる内容となっています。初めての方にはややとっつきにくいとは思いますが、少し親しめば意外に簡単な作業であるとご理解いただけるはずです。冬の夜長、コタツに入ってデジタル暗室作業にいそしむというのも、いいかもしれませんね。
見学時間 直方機関区の見学は毎週金曜日14時~15時の1時間。拓本取りや撮影に大忙しの「鉄友」。元気にしてるかなー。'72.8.4 直方機関区 P:石地康司 (『わが国鉄時代』vol.7より)
クリックするとポップアップします。

111122n005.jpg
古豪の風格 省型電機の代表格EF53は繊細な車体側面と長いデッキが特徴。東海道本線での第一線を退いたが、傾いた西日をサイドに受け、暖房車を付けて高崎へ向かう姿は今も忘れられない。写真の場所は現在の鉄道博物館付近である '63.11.17 高崎線 大宮-宮原 P:中島正樹 (『わが国鉄時代』vol.7より)
クリックするとポップアップします。

waga_jnr007_520px.jpg

111118nRML148.jpg

toritetsu_bunner_520px.jpg

toei_ad.jpg

レイル・マガジン

2011年11月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.