鉄道ホビダス

2011年11月16日アーカイブ

IMG_0004nb.jpg
▲Babinda MillのBaguley製C型機。ゲージは2フィート(609㎜)。収穫時期が終わり、側線には貨車がずらりと並んでいる。P:古村 誠
クリックするとポップアップします。

次にご紹介するのは1994(平成6)年5月4日に撮影したBabinda Millで、先述のGordonvaleから40kmほど南に行ったところにあります。このほか、ケアンズ空港の直ぐ北西のBarronsにも、無線操縦で走っているシュガーケーン鉄道があります。残念ながら一昨年の豪雨でかなりの被害を受けたようですので、現在どれくらい動いているかは不明ですが、まだまだかなりの仲間が活躍しているはずです。

IMG_0005nb.jpg
IMG_0006na.jpg
▲Malcolm Moore Ltd製のB型機。CやBBの軸配置の多い中にあって珍しいB型機。しかもかなりの年代モノのように見受けられる。P:古村 誠
クリックするとポップアップします。

なお、Googleで「sugarcane train QLD」(QLDはQweensland州のこと)で検索するといろいろ情報が出てきます。興味を持たれ、来訪をお考えになる方は以下を参照されるとよいでしょう。
1.地図
Google Mapで「Cairns, Queensland, Australia」で検索かけるとケアンズ周辺の地図が出てきます。ケアンズから国道「A1」沿いに南下するとGordonvale、Bobinda、Tullyがあります。地図を拡大するとたくさんの線路が現れます。航空写真でも線路が確認できます。

CA8H86GFna.jpg
▲ヤードにはシーズンの活躍を終えた専用貨車がずらりと並んでいる。P:古村 誠
クリックするとポップアップします。

2.情報サイト
Light Railway Research Society of Australia Inc.(http://www.lrrsa.org.au/index.html)の記事がたいへん参考になります。
なお、Queensland sugar cane railways today(http://www.lrrsa.org.au/LRR_SGRz.htm) によると、現在(といっても5年ほど前)以下の20路線がリストアップされています。
Mossman Mill
Mulgrave Mill, Gordonvale
Babinda Mill
South Johnstone Mill
Tully Mill
Macknade Mill
Victoria Mill, Ingham
Invicta Mill, Giru
Pioneer Mill, Brandon
Kalamia Mill, Ayr
Inkerman Mill, Home Hill
Proserpine Mill
Farleigh Mill
Marian Mill
Pleystowe Mill
Racecourse Mill, Mackay
Plane Creek Mill, Sarina
Bingera Mill, South Kolan
Millaquin Mill, Bundaberg
Isis Mill, Cordalba

これらの鉄道は基本的に製糖工場が運行し、各農家を集荷して回るそうです。浜中町営軌道が酪農家からミルクを集荷して牛乳工場に届けていたことを思い出しました。

IMG_0001nb.jpg
▲Ravenshoeの保存鉄道で見かけたスチームトラクター。さすがに可動状態ではないようだが、こんなものもたいせつに残されている。P:古村 誠
クリックするとポップアップします。

ちなみに、シュガーケーン鉄道が動くのは基本的に20週間程度の収穫時期だけです。5月頃(実際には6月後半)から11月頃までで、それ以外は運休しています。台湾の製糖鉄道が12月から3月頃まで動くのと反対の時期です。成田からケアンズへはJetstarが夜行便を飛ばしています。夜乗れば朝着くので短い休みでも行くことができ便利です。オーストラリアは左側通行で車の運転も楽なので、レンタカーを利用するのが良いでしょう。ただし、心配なのは先述のように一昨年の豪雨による洪水の影響で、行ってみないとわからないというのが正直なところです。

※稼働期間に関して、当初「12月から4月にかけて」と記載しておりましたが、読者の方からご指摘をいただき、「5月頃(実際には6月後半)から11月頃まで」に訂正させていただきます。

IMG_0003nb.jpg
▲Ravenshoeの保存鉄道のヤード。残念ながら動いてはいなかったが、保存蒸機のほかにも客車やモーターカーなどを目にすることができた。P:古村 誠
クリックするとポップアップします。

なお、ケアンズの南のEdmontonには保存蒸機もあり、時々運転しているようです。さらにAtherton高原のRavenshoeにも保存鉄道があります。これらのシュガーケーン鉄道とRevenshoeの保存鉄道はすべてケアンズから車で日帰りで行けます...と書いていたら、私もまた行きたくなりました。

※当記事をアップロード後、読者の方からケアンズ周辺の砂糖キビ畑には猛毒の蛇がいるので充分に注意するようにとの情報をいただきました。

toritetsu_bunner_520px.jpg

111019nRML147.jpg

110915kougumi6.jpg

toei_ad.jpg

レイル・マガジン

2011年11月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.