鉄道ホビダス

2011年11月15日アーカイブ

IMG_0010na.jpg
▲庫内で待機するMulgrave MillのDL。クイーンズランド州の現役シュガーケーン鉄道は現地が夏の12月から4月にかけて運転される。P:古村 誠
クリックするとポップアップします。

9月12・13日にご紹介したオーストラリアの保存シュガーケーン鉄道(→こちら)をご覧になった古村 誠さんから、保存ではなく現役で活躍している路線の写真をお送りいただいておりますので、遅ればせながらではありますがお目にかけましょう。

IMG_0015na.jpg
▲Mulgrave Millのヤード全景。画面左側が製糖工場で、シュガーケーン(サトウキビ)を貨車から取り卸すチップラーが見える。P:古村 誠
クリックするとポップアップします。

オーストラリア東海岸クイーンズランド州は現役シュガーケーン鉄道の宝庫で、現在でも総延長4000㎞と言われるナローゲージ路線(2'及び3'6"軌間)の鉄道が使用されています。お送りした写真は1994~1995年にかけて、サンゴ礁の海を目的に家族旅行で行った時のもので、ドライブでたまたま製糖工場にトロッコを見つけて一人歓喜の声を上げたものです。

IMG_0012na.jpg
IMG_0008na.jpg
▲4号機を先頭にヤードで待機する工事列車。最後尾には掘立小屋のような人車(?)が連結されている。P:古村 誠
クリックするとポップアップします。

IMG_0011na.jpg
▲Mulgrave Millの4号機。ロスターによると1955(昭和30)年Commonwealth Engineering製で、アンバランスなジャック軸が特徴の0-6-0機。P:古村 誠
クリックするとポップアップします。

IMG_0004na.jpg
▲手作り感みなぎるのMulgrave Mill自家製機"Pie Cart"。1962(昭和37)年製と記録されている。P:古村 誠
クリックするとポップアップします。

IMG_0005na.jpg最初にお目にかけるのはCairns(ケアンズ)の南20kmほどのGordonvaleにあるMulgrave Millです。箱型車体の"Pie Cart"なる車輌は結構有名なようで、google photoで検索すると写真が何枚も出てきます。
▲「毎日ギアボックスを点検せよ」と注意書きがある"Piecart"のダッシュパネル。P:古村 誠
クリックするとポップアップします。

このMulgrave Millには5年ほど前の時点で24輌の機関車が在籍していることになっており、じっくり観察するとまだまだ面白い仲間が生息しているに違いありません。

toritetsu_bunner_520px.jpg

111019nRML147.jpg

110915kougumi6.jpg

toei_ad.jpg

レイル・マガジン

2011年11月   

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.