鉄道ホビダス

東京メトロ銀座線用1000系誕生。

111006n1.jpg
▲東京地下鉄銀座線に導入される新型車輌1000系の外観。プレス資料の表現を用いれば「歴史ある銀座線1000形を彷彿とさせる、どことなくレトロな感覚を醸し出すデザイン」となっている。なお、車体のイエローなどは塗装ではなく、ラッピングである。'11.10.5 中野車両基地 P:RM(小野雄一郎) 
クリックするとポップアップします。

東京地下鉄銀座線用の期待の新型車1000系の第一陣が完成、昨日、中野車両基地でその特徴ある姿が報道公開されました。

111006n2.jpgこの1000系は東洋初の地下鉄であり、わが国の地下鉄の基礎となった銀座線の歴史を勘案したエクステリアデザインを念頭に、経済産業省の「近代化産業遺産」にも認定されている旧1000形(地下鉄博物館で保存展示中)を彷彿させる、どことなくレトロな感覚を醸し出すデザインとなっています。とはいえ、機能的には最新技術が満載で、近代的かつ機能的、しかも省エネにも配慮された、いわばレトロの衣をまとったハイテク電車と称せましょう。

▲1000系の渋谷側先頭車(1号車)1101を見る。同車はATC/TASC・電源(SIV)・蓄電池を搭載する。行先表示機はもちろん、ヘッドライト・テールライトもLED方式。'11.10.5 中野車両基地 P:RM(小野雄一郎) 
クリックするとポップアップします。

metro1000004n.jpg
▲東京地下鉄道→帝都高速度交通営団→東京地下鉄車輌の正面デザインのおおまかな変遷。提供:東京地下鉄株式会社 
クリックするとポップアップします。

車体はアルミ合金製で、編成は渋谷方からCM1+M1+M1'+M2+M1+CM2の6輌編成。車輌性能は加速度3.3㎞/h/s、減速度4.0㎞/h/s(常用)、設計最高速度80㎞/hとされています。

111006n3.jpg
▲2号車1201の車内を見る。LEDの室内灯を装備しており、袖仕切にはガラス材を用いるなど、車内は明るい印象となっている。また、乗降ドア上部にはワイドタイプの液晶モニターが2基並べられている。'11.10.5 中野車両基地 P:RM(小野雄一郎) 
クリックするとポップアップします。

インテリアデザインは車内の死角をなくして開放感を重視したものとなっており、座席下のいわゆるケコミも廃止されて床面もすっきりとしたものとなっています。また、低天井部もなくなり、吊手や荷棚の高さも低減されております。さらに客室照明はもとより前照灯にも省エネ効果の高いLEDが採用されています。

111006n4.jpg
▲1号車妻面部は片側が優先席、もう片方が車椅子スペースとなっている。オレンジ色のアクセントを用いて優先席であることが視認しやすくなっている。なお、6号車(1601)も同様の構造。'11.10.5 中野車両基地 P:RM(小野雄一郎) 
クリックするとポップアップします。

111006n5.jpg
▲1000系の"遊び心"といえるのが、貫通扉のガラスに描かれた模様。雷門やパンダの絵柄など、銀座線沿線に縁のある施設などの意匠が盛り込まれている。'11.10.5 中野車両基地 P:RM(小野雄一郎) 
クリックするとポップアップします。

111006n6.jpg
▲1号車1101の運転台を見る。ワンハンドルタイプで、運転席に座って正面に2台、斜め右に1台の液晶モニターが設置され、速度計や各車輌の状況などがモニタリングされている。'11.10.5 中野車両基地 P:RM(小野雄一郎) 
クリックするとポップアップします。

この1000系の技術で最も注目すべきはボルスタ付片軸操舵台車(モノリンク式)でしょう。永久磁石同期モーターは台車の1軸(固定軸)のみを駆動し、もう片方の軸は操舵軸と称して操舵リンク機構によって曲線通過中に生じる車体と台車の変位量に比例して軸距が変化するものとなっています。この特殊な台車によって曲線通過時に約20%の横圧の低減が図られるそうで、まさに曲線部の多い銀座線のウィークポイントを新発想によって克服するものと言えましょう。
なお、この東京地下鉄1000系については、今月21日発売の本誌誌上でたっぷりとご紹介する予定です。

111006n007.jpg
▲1000系の機構上の特徴の一つが「操舵台車」と呼ばれる台車システムで、車体と台車の間に操舵リンク機構を搭載し、軸距を変化させることが可能。写真は住友金属製のSC101で、妻面側(写真では左側)がM軸、中心側がT軸となっている。'11.10.5 中野車両基地 P:RM(小野雄一郎) 
クリックするとポップアップします。

metro1000028n.jpg
▲1000系の大きな特徴でもある操舵台車の操舵機構メカニズム。提供:東京地下鉄株式会社 
クリックするとポップアップします。

取材協力:東京地下鉄株式会社

110920nRML146bn.jpg

110915kougumi6.jpg

toei_ad.jpg

レイル・マガジン

2011年10月   

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.