鉄道ホビダス

『阪急だいすき』取材余話。(下)

110515n023.jpg
大きな話題となって現在公開中の映画『阪急電車 -片道15分の奇跡-』は、阪急今津線を舞台に、そこで生まれるさまざまな人生模様を綴ったハートフルなオムニバス映画で、その中で重要な位置を占めるのが西宮北口駅です。午前中に京都本線や嵐山線の取材を済ませ、午後は神戸本線の特急で一足飛びに西宮北口へと歩みを進めました。
▲映画「阪急電車 ―片道15分の奇跡―」で圭一と美帆と出会いの重要なキーとなっているビルの上の真っ赤な鳥居。'11.3.24 西宮北口
クリックするとポップアップします。

まずご案内いただいたのが駅管理施設の屋上にある「お稲荷さん」。映画『阪急電車』をまだご覧になっておられない方には訝しく思われるでしょうが、実はこの「お稲荷さん」、映画の中では大きな意味を持って登場するのです。

110515n024.jpg地方から出てきて今津線沿線の大学に通う美帆と圭一。都会の生活に馴染めずに無意識のうちに人との間に壁を作ってしまう初対面の二人は、ある日偶然今津線の車内で出会い言葉を交わすものの、ほどなく電車は西宮北口駅に到着。阪神国道駅近くに住む美帆は今津行きのホームへ、圭一はそのまま改札を出て物語は終わってしまうところですが、ここで圭一が「ちょっと変わったもの」を見つけた...と案内するのが「アクタ西宮」の通路からちらっと見えるビルの上の真っ赤な鳥居なのです。ちなみに、物語がどう進むのかはご覧になってのお楽しみ...。
▲その「お稲荷さん」のコンコン様。なかなかキュートだ。'11.3.24 西宮北口
クリックするとポップアップします。

110515n026.jpg
▲本邦初公開の映画のシーンの逆展望。主人公は画面中央下に見えるアクタ西宮の屋根付き通路からこの屋上の真っ赤な鳥居を見つけた。'11.3.24 西宮北口
クリックするとポップアップします。

実はこの真っ赤な鳥居の「お稲荷さん」、阪急電鉄のもので、社員の皆さんはもとより、経営陣の皆さんにも大切にされているものだそうです。一般に公開はされておりませんが、乗務員さんの宿泊施設などを通り抜けて階段で屋上に上がると、そこには忽然と真っ赤な鳥居が! 噂には聞いていたものの、ちょっとした驚きではあります。

110515n025.jpg
▲阪急西宮ガーデンズ北側の「高松ひなた緑地」に展示されているダイヤモンドクロスの実物。'11.3.24 西宮北口
クリックするとポップアップします。

110515n019.jpgさて、古くからのファンにとって西宮北口といえばまず思い浮かぶのが"ダイヤモンドクロス"ではないでしょうか。神戸本線と今津線の平面交差は高速鉄道としては稀有のもので、複線が交差する上を行き交うマルーンの電車の姿は阪急の代名詞ともなっていました。しかし、この名物ダイヤモンドクロスも西宮北口駅の橋上駅化工事とともに1984(昭和59)年3月25日に撤去され、これに伴って今津線も南北に分断されることとなります。あまり気づかれませんが、現在でも阪急西宮ガーデンズの庭にこのダイヤモンドクロスの一部がモニュメントとして残されており、立派な解説プレートとともに往時を偲ぶことができます。
▲プレートには今津線の歴史とダイヤモンドクロスの消長が写真入りで解説されている。'11.3.24 西宮北口
クリックするとポップアップします。

110515n020.jpg
▲西宮球場跡地に建てられた巨大なショッピングモール阪急西宮ガーデンズ。中央部が吹き抜けになったそのスケールの大きさには圧倒される。'11.3.24 西宮北口
クリックするとポップアップします。

110515n015.jpg110515n016.jpg
▲「阪急西宮ギャラリー」内の阪急電車コーナー(左)。かつてのダイヤモンドクロスを再現したジオラマもディスプレーされている(右)。'11.3.24 西宮北口
クリックするとポップアップします。

かつての阪急西宮スタジアム(阪急西宮球場)の跡地に建てられた巨大なショッピングモール、阪急西宮ガーデンズの最上階には「阪急西宮ギャラリー」があり、球場時代の各種展示はもとより、阪急電車の歴史展示も無料で見ることができます。こちらもお勧めのスポットといえましょう。

110515n013.jpg
▲屋上の野外ステージにはかつての球場を連想させるスタンドも設けられており、良く見ると足元にはホームベースも。聞けばこの真下がかつてのホームベースの位置だったそうだ。'11.3.24 西宮北口
クリックするとポップアップします。

110515n018.jpg110515n014.jpg
▲踏切にはいまだに「球場前」の名前が残る(左)。右は南西口再開発で新設された今津線回送線の踏切。一日で数回しか閉まらないという奇妙な踏切でもある。'11.3.24 西宮北口
クリックするとポップアップします。

『鉄おも!』の武井編集長をヘッドとした取材チームは翌日も撮影を続けましたが、私は日帰りで帰京せねばならず、後ろ髪を引かれる思いで梅田駅を後にしました。次の機会にはぜひ「阪急阪神1dayパス」を手に宝塚本線やほかの支線も訪ねてみたいものです。

110515n012.jpg
▲取材を終えて再び梅田へ...。阪急電鉄本社ビル2階の社員食堂で暮れなずむ梅田駅を見ながら一日を振り返る。'11.3.24 阪急本社
クリックするとポップアップします。

なお、最近の「今日の一枚 The Movie」では、阪急の珍しい運転系統を動画で投稿いただいております。この機会にぜひご覧ください。
※京都本線から神戸本線へ、十三駅構内梅田方の引上げ線を使って折り返し転線する臨時直通特急車内からの光景。こちら
※神戸本線から西宮北口を経て今津北線へ(武庫之荘→門戸厄神)、渡り線を使って通常はないルートを行く臨時特急車内からの光景。こちら

hankyu_bunner.jpg 

waga06.jpg

RML141bnn.jpg

レイル・マガジン

2011年5月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.