鉄道ホビダス

明知鉄道は今...。(下)

PIC_0369n.jpg
▲明知鉄道は全線が勾配また勾配の山岳路線。起点の恵那から二つ目の飯沼は33‰上にある駅として知られる。'11.4.16 阿木-飯沼
クリックするとポップアップします。

ながらくタブレット閉塞(岩村~明智間)を用いていた明知鉄道も、2004(平成16)年3月から特殊自動閉塞化され、これにともなって腕木式信号機も色灯式へと変わって、C12の昔から親しまれてきた腕木のある風景は過去のものとなってしまうはずでした。

R0014774n.jpgところが、交換駅である岩村駅構内に残された腕木式信号機はその後も撤去されることなく残り、ついに2006(平成18)年には歴史を物語る産業遺産として"動態保存"されることとなったのです。実際の出発信号機との誤認を避けるためもあってか、その後1基は90度回転した状態、つまり枕木方向ではなくレール方向に平行に建柱されていますが、この腕木はなんと体験操作が可能で、駅員さんに申し出て案内してもらうことで実体験をすることができます。
▲昭和時代の国鉄ローカル線の交換駅の風情をしっかりととどめるのが岩村。駅から岩村城址へと続く岩村本通りの町並みは文化庁から重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。'11.4.15 岩村
クリックするとポップアップします。

R0015014n.jpgR0014773n.jpg
▲岩村には2004(平成16)年に特殊自動閉塞化される前まで使われていた腕木式信号機が"動態保存"されており、操作体験することも可能。保存されている腕木式信号機は2基あり、写真左は"静態"のもの。右は信号テコで、床の突起状のものがロック解除ペダル。'11.4.15 岩村
クリックするとポップアップします。

私も操作をさせてもらいましたが、かなり重いのではと思っていた信号テコは意外なほど軽く、ロック解除のペダルを踏みながらテコを倒すと、ワイヤーと滑車を介してあのガタンという特有の音とともに腕木が下がり進行を現示します。かつては全国で見られた光景ですが、今となってはこうやって"動態"にある腕木式信号機を目の当りにし、しかも自分で体験できるのはここ明知鉄道ならではです。

R0014755n.jpg
▲山岡の側線にはアケチ1形が保存されている。第三セクターとして開業した際に用意された車輌で、僚車であるアケチ2も阿木駅構内に残されているが、この山岡のアケチ1の方が状態が良い。'11.4.16 山岡
クリックするとポップアップします。

今回の「食堂車」の運行をはじめ、次々と新たな施策を打ち出してその存在感をアピールする明知鉄道ですが、今井専務のお話ではここにも東日本大震災の影響は少なからず出つつあるそうです。沿線でのイベントの自粛をはじめ、やはり出控えの風潮は中京圏といえども例外ではなく、こういったローカル鉄道を応援するためにも、この連休はぜひ積極的に足を運んでみられてはいかがでしょうか。

R0014926n.jpg
R0014904n.jpg
▲阿木から岩村にかけての沿線は「農村景観日本一」の称号を受けた"原風景"が広がる。阿木駅も交換機能は失われてしまったものの、貨物側線をはじめまるでレイアウトでも見ているような光景が展開する。'11.4.16 阿木
クリックするとポップアップします。

さて、来週金曜日(5月6日)のNHKラジオ金曜旅倶楽部ではこの明知鉄道を紹介いたします。震災の影響でしばらくお休みでしたが、再開第一回となり、また、今年度から時間枠が拡大し、ニュースや交通情報をはさんで15時台ほぼいっぱいの生放送となります。なお、前半では東日本大震災で罹災した「ひたちなか海浜鉄道」の状況についても現地から報告していただきます。
5月6日(金曜日)15時~16時 NHKラジオ第一
http://www.nhk.or.jp/tsunagaru/tabikurabu/tabinideyouyo/index.html

※全国どこでもお聴きになれます。

小ブログは連休中は休載させていただきます。

RML141bnn.jpg

レイル・マガジン

2011年4月   

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.