鉄道ホビダス

第31回日本鉄道模型ショウより。

R0012931nn.jpg
101101n130.jpg
101101n01.jpg
▲日本鉄道模型ショウへの「行きがけの駄賃」とばかりに始めた京急蒲田駅の定点観測も3年目。変貌著しい日々はまさに定点撮影にうってつけだ。ちなみに空港線蒲田~大鳥居間1.3㎞の高架化完成は平成25年度の予定。'10.10.30/ '09.10.24/'08.11.1
クリックするとポップアップします。

先週末の10月30日~31日、東京・蒲田の大田区産業プラザPIOで、日本鉄道模型連合会(JMRA)主催の「日本鉄道模型ショウ」が開催されました。今年で31回目を迎えるこのイベントは、16番を中心にかなりマニアックなメーカーやショップが集うことですっかりお馴染みです。

R0012936nn.jpg
▲台風14号の接近で大荒れの天気にも関わらず来場者は引きも切らず、会場内は終日熱気に包まれていた。'10.10.30
クリックするとポップアップします。

あいにく30日(土曜日)には季節外れの台風14号が接近、大荒れの天候が予想されましたが、さすがにコアなモデラーの皆さんにとっては台風ごとき何のその...開場前からたいへんな熱気に包まれておりました。いっぽう私はというと、毎年京急蒲田駅から会場へ向かう途中の歩道橋から空港線の定点撮影を行っており、この日も前年に撮影したプリントを片手に一年ぶりの定位置へ。ところが、A4普通紙に出力した見本写真は風雨で瞬く間にぐちゃぐちゃになってしまい、高架化工事の進捗をゆっくり眺める間もなく、ほうほうの体で会場へと向かったのでした。

R0012943nn.jpg初参加というメーカー・ショップに出会えるのも毎年の楽しみですが、今年はなんとカウンターの内側にあの"B滝さん"の顔が。弊社を卒業していったB滝さんこと滝澤隆久さんが"AOBA MODEL"という模型メーカーを立ち上げられたのです。鉄道ホビダスで発売中の「観音トム」「木造ワム」それに「電動貨車デワ」の仕掛け人でもあるB滝さんだけに、初陣を切って発売されたのはトワイライトゾ~ンでもお馴染みの「木槽車ト31形」。木槽車といえば聞こえは良いですが、実体は糞尿貨車で、B滝さんいわく「えんがちょな木製タンク車」です。なんともいかにもなセレクトで幕を開けたこの"AOBA MODEL"(→http://aoba-model.shop-pro.jp/)、第二弾として栗原電鉄の凸電ED20形を計画中だそうで、これから目が離せないメーカーになりそうです。
▲B滝さん登場! 弊社を卒業したB滝さんはなんと"AOBA MODEL
"なるメーカーを立ち上げた。処女作はいかにもな"糞尿貨車"ト31。'10.10.30

クリックするとポップアップします。

R0012944nn.jpg
▲今年の大きなトレンドとして注目されたのが天賞堂、クラウンモデル、プラッツ、ロクハンの各社による「Zゲージ連絡会」のブース。Zゲージが再び大きなウェーブとなりつつある。写真はプラッツが発表した新幹線0系のサンプル。'10.10.30
クリックするとポップアップします。

R0012938nn.jpgR0012948nn.jpg
▲会場に足を運んでみないとわからない逸品との出会いもこの「日本鉄道模型ショウ」ならではの楽しみ。左はアールクラフトのブースで見かけた難易度ウルトラ級の鉄道模型社製エッチング板を組んだED54で、コンテストの入賞実績もある方(故人)が完成させたもの。同社のブースにはこの方の素晴らしい作品がずらりと並んで販売されていた。右はCJ-PRO出品の新ポイント制御システム。電話の"ピ ポ パッ"信号でたとえ100個のポイントも一括操作できるアイデア賞もの。'10.10.30
クリックするとポップアップします。

会場中央にブースを構えてひときわ注目を集めていたのが日本型Zゲージのメーカーが組織した「Zゲージ連絡会」です。鉄道模型イベントに初登場となるロクハンと、マイクロトレインズ、クラウンモデル・プリムトラックの3社のレール(ロクハンは11月末日に発売予定)の接続運転も披露され、Zゲージ新時代への期待が高まりつつあります。

R0012958nn.jpg
▲RMモデルズが端緒となって誕生した「路面モジュール」もついに10年目を迎えた。2階の小展示ホールではこのアニバーサリーを記念した大公開運転会が開催された。写真は小ブログでも紹介した大田治彦さんの『西鉄電車おもいでアルバム』にインスパイアされて縁日シーンを再現したという上野徹・栄子さんの「西鉄福岡市内線筥崎宮」。'10.10.30
クリックするとポップアップします。

二階の小展示ホールではNゲージ路面モジュール大公開運転会が開催され、こちらもたいへんな賑わいを見せておりました。路面モジュール"路モジ"は今を去ること10年前、RM MODELS2000年9月号(№61)誌面でスタートを切り、読者の皆さんとともに規格から作り上げていったものです。その後、いち媒体の枠を超えて大きな広がりをみせ、"T-TRAK"としてアメリカ大陸にも渡ったほか、小型車輌+小レイアウトといったムーブメントが、「鉄コレ」や「ユニトラム」といった製品の出現にも少なからぬ影響を及ぼしてきました。立ち上げからその中心にいたRMMの羽山副編集長にとっても、とりわけ感慨深い10周年となったようです。


wadachi8bn.jpg

101020nRML136.jpg

kokutetsujidai23.jpg

レイル・マガジン

2010年11月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.