鉄道ホビダス

JR東海キハ25形登場。

101116nn007.jpg
▲313系0番代Y4編成(右)と並んだキハ25形試運転列車(左)。若干の差異はあるものの、基本的なデザインはほぼ同一である。'10.11.10 名古屋 P:RM(小野雄一郎)
クリックするとポップアップします。

JR東海の旅客用気動車としては17年ぶりの新形式となるキハ25形が、去る11月10日に日本車両豊川製作所を出場し、豊川~豊橋~関ヶ原~名古屋間で試運転を行いました。
キハ25形は、2008(平成20)年12月に製作がプレス発表されており(「JR東海 新形式気動車キハ25形を導入」参照)、合計10輌が新製され、武豊線に順次投入されることがアナウンスされています。

101116nn002.jpg
101116nn003.jpg
▲日本車両豊川製作所を出場し、試運転の折り返し地点で一休みするキハ25形。上がキハ25-1、下がキハ25-102。屋根には0番代、100番代ともに冷房装置を2台ずつ搭載している。武豊線への投入が予定されており、乗降扉の自動開閉ボタンの設置などが設置されている。'10.11.10 関ヶ原 P:RM(小野雄一郎)
クリックするとポップアップします。

今回出場した編成は、豊橋方よりキハ25-1+キハ25-101+キハ25-2+キハ25-102の4輌で、0番代と100番代とでペアを組みそれぞれP1・P2と編成番号が振られています。
外観は、基本的には313系に準じたものとなっていますが、正面貫通扉上部のライトがないこと、スカートや連結器の形状などが異なる点がポイントといえましょう。また、エンジンの排気管は0番代・100番代ともに妻面から上方に伸びているのも特徴です。車体標記を見ると、0番代の定員は134名、100番代は140名で、0番代にはトイレなどが設置されており、6名分少ないようです。

101116nn006.jpg101116nn005.jpg
▲キハ25-1の前位側従台車C-TR255(左)。後位側の動台車C-DT67の形状もほぼ同一。また、ATS-ST・-PTを搭載し、〔海ナコ〕すなわち名古屋車両区配置となることが読み取れる。キハ25-2の後位を海側より見る(右)。0番代にはトイレおよび車椅子スペースが設置されている。妻面上部に伸びているのが排気管。'10.11.10 豊橋 P:RM(小野雄一郎)
クリックするとポップアップします。

エンジンは、キヤ97系に搭載しているカミンズ・エンジン(C-DMF14HZC)に似ており、標記によれば、台車は前位側が従台車C-TR255、後位側が動台車C-DT67となっています。取材に出向いた小野君の感想では、エンジン音は従来のDMF14系列エンジンと比較して幾分か高音が抑えられ、アイドリング時はやや静かな印象だったとのことです。

101116nn004.jpg
▲キハ25-102を屋根上から見る。313系の屋根と基本的な配置は同じようだ。'10.11.10 関ヶ原 P:RM(小野雄一郎)
クリックするとポップアップします。

残念ながらブラインドが降ろされていたため車内の全容は伺えませんでしたが、垣間見えた感じや窓配置などから、313系に準じた配置となっていると推測されます。
ひさしぶりの新製気動車となる同車の詳細については、JR東海からのより詳しい発表を待ちたいと思います。


wadachi8bn.jpg

101020nRML136.jpg

kokutetsujidai23.jpg

レイル・マガジン

2010年11月   

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.