鉄道ホビダス

2010年8月17日アーカイブ

IMGP2778nn.jpg
▲今年もビッグサイトに熱い夏がやって来る。はたしてこの週末はどんな出会いが待っているだろうか...。'07.8.9

今年もJAMコンベンションの季節がやってきました。2000(平成12)年に東京・新宿で第1回が開催されて以来、今回で11回目となる国際鉄道模型コンベンション(JAMコンベンション)は、途中第7回が大阪で開催されたほか、毎年ビックサイトを会場に開催されており、今年もあの大コンベンションホールが大小様々な鉄道模型で埋め尽くされます。

jam080809n1.jpg
▲見渡す限りの広大な会場を埋め尽くす巨大レイアウト群。ギャラリーのテンションもJAMならではのもの。'08.8.9
クリックするとポップアップします。

昨年の来場者数は実に3万4300人と発表されており、モデラーズパフォーマンス部門の出展70(個人・団体)、企業出展60社にのぼる、文字どおりわが国を代表する鉄道模型イベントとなっています。規模の大きさや日替わりのクリニックなどから、とても一日ではすべてを見て回ることは不可能で、東京以外にお住まいのモデラーの中には、この季節に夏休みをずらして泊りがけでお出でになる方も少なくありません。

090821n021.jpg
▲屋上展示場には大型乗用模型や5インチライブが大集合。ファミリーには大型鉄道模型に親しむ絶好の機会。'09.8.21
クリックするとポップアップします。

今年もモデラーズパフォーマンスは見所いっぱいです。また、昨年からJAMコンベンションの一環として開催されている、学校のクラブ活動として鉄道模型を楽しんでいる生徒たちが、精一杯の力を出し切って制作したNゲージモジュールを持ち寄り、その出来映えを競う「全国高等学校鉄道模型コンテスト」も見逃せません。今年は果たしてどんな若き情熱に出会えるでしょうか...。

JAMEXP1008n.jpg
▲間もなく発売のRMモデルズ最新号に掲載予定のJAM EXPRESS。コンベンションの詳細はJAMのHP(→こちら)をチェック。
クリックするとポップアップします。

そしてもうひとつ注目したいのが、今年度の「鉄道模型功労者」に選ばれた坂本衛さんと、「エポックメイキング・モデル」に選ばれたエコーモデルの阿部敏幸さんによる特別講演です。改めてご紹介するまでもなく、坂本衛さんはTMS誌上に発表されたご自身の「摂津鉄道」で日本のレイアウトの流れを変え、現代の表現スタイルを切り拓かれた先駆者のお一人です。また阿部敏幸さん率いるエコーモデルは、車輌用パーツからストラクチャアクセサリーまで、ユニークなパーツを絶やすことなく常に供給し続け、鉄道模型工作のあり方そのものを変えた功績が顕彰され、「エコーモデルの日本形16番パーツ群」が今年の「エポックメイキング・モデル」に選定されたものです。実はお二人の顔合わせは初めて! いったいどんなお話が飛び出すのか、今から楽しみです。
ちなみにこの特別講演(21日16:00~17:30)の司会進行は私が務めさせていただく予定です。

■第11回 国際鉄道模型コンベンション
開催日時:8月20日(金)~8/22(日) 10:00~18:00(最終日は17:00まで)
会場:東京ビッグサイト(東京国際展示場) 西4ホールおよび屋上展示場
入場料:大人1,500円(会期中何度でも入場可能) 中学生以下 無料

wadachi.jpg

100628asahara7.jpg

レイル・マガジン

2010年8月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.