鉄道ホビダス

昔日の西鉄電車を語り継ぐ珠玉の一冊。

100813n028.jpg
▲市内線の渡辺通一丁目と城東橋の間には大牟田線との平面クロスが見られた。ラッシュ時には、市内線電車が大牟田線の遮断竿が上がるをの数珠つなぎになって待っていた。 (『西鉄電車おもいでアルバム』より)
クリックするとポップアップします。

福岡在住のベテランファンで、『復刻版 優等列車編成順序表』の発行に際しては、原本のご提供をはじめ語り尽くせぬご助力をいただいた大田治彦さんが、このたび『西鉄電車 おもいでアルバム』と題した豪華な写真集を上梓されました。

100813n001.jpg「昭和晩年の福岡市内線・大牟田線急行電車・宮地岳線」と副題の付けられたこの本は、1979(昭和54)年に全廃された博多の路面電車=西鉄福岡市内線をさまざまな切り口で紹介したページを核に、大牟田線や近年部分廃止された宮地岳線の記録を盛り込んだA4変形判168ページの大冊です。大田さんは1952(昭和27)年のお生まれ。ご多聞に漏れず、いわゆる「SLブーム」の際に鉄道写真に開眼したお一人で、そのカメラアイは地元の西鉄電車に向けられる時にも、数多の経験に裏打ちされた卓越したものがあります。前半を構成する福岡市内線では、貫線、城南線、循環線、貝塚線と各線別に章分けされ、さらにその中に「放生会の夜」、「天狗松の夕焼け」、「天神の夜」といったフォトジェニックなセンテンスが盛り込まれており、各線の個性を際立たせています。

100813n024.jpg
100813n023.jpg
▲博多どんたくに合わせて運行される「どんたく花電車」は博多市民にとって大切な歳時記であったという。大田さんはこの花電車を地元ならではの目線で撮影し続けてきた。 (『西鉄電車おもいでアルバム』より)
クリックするとポップアップします。

大田さんご本人が前書部で「...福岡市内線となると、廃止の頃は白黒写真がカラー写真に置き換わろうとしていた時期でもあり、廃止間際に比較的多くの写真が撮られたにもかかわらず(中略)このせいか現在に至っても先に廃止された貫線や城南線の色鮮やかなカラー写真を見る機会は少ないように思われます」と記しておられますが、改めてこうやってカラーで、ことに花電車の夜景など拝見すると、一見の訪問では気付かなかった福岡市内線の魅力にあらためて気付かされます。

100813n021.jpg
▲市内線の西端、室見橋~姪の浜間は単線になっており、タブレットの授受が行われていた。遅延した電車の救済にタブレットをバイクで"陸送"する様など、密着した撮影をしていなければなしえない貴重な記録も...。 (『西鉄電車おもいでアルバム』より)
クリックするとポップアップします。

本書は体裁こそ写真集ですが、その詳細なテキストにも驚かされます。とりわけ車輌や運転関係の解説は、写真のキャプションを含めて実に深く、長年にわたって西鉄電車を観察し続けてきた著者ならではのものと言えましょう。そんな信頼性もあってこそ、本書は企画・協力として西日本鉄道株式会社の名を冠しています。

100813n025.jpg100813n026.jpg
▲最後の活躍を続ける大牟田線の300系を追った記録(左)や、甘木線の200系撮影記(右)も共感を呼ぶに違いない。 (『西鉄電車おもいでアルバム』より)
クリックするとポップアップします。

ところで、所収の写真の多くは1971(昭和46)年に購入したというニコンFによって撮影されています。「まさに一生一台のカメラ」と限りない愛着を注がれたこの"F"によって生み出された作品の数々は、これまた伝説のコダクローム・フィルム(KⅡ、KM、KR)に焼き付けられたものです。近年の高彩度の写真を見慣れた目には少々違和感があるかも知れませんが、その群を抜く先鋭度の高さとしっとりとした色調を見るにつけ、もう一度コダクロームを使ってみたい...とかなわぬ夢を見てしまうのです。

100813n027.jpg
▲博多湾鉄道汽船時代の生き残りであったモ1をはじめとした宮地岳線車輌のバラエティーも、長年にわたって観察を続けてきた著者ならではのもの。 (『西鉄電車おもいでアルバム』より)
クリックするとポップアップします。

この大田治彦さん渾身の書『西鉄電車 おもいでアルバム』(定価3,800円+税)は福岡市の櫂歌書房(とうかしょぼう)発行、星雲社より発売中です(→こちら)。西鉄ファンの方のみならず、鉄道写真に興味をお持ちの方にも必ずや得るところのある一冊です。

wadachi.jpg

100628asahara7.jpg

レイル・マガジン

2010年8月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.