鉄道ホビダス

2010年8月 3日アーカイブ

haneda0003.JPG
▲幅員が約14mとなった羽田空港国際線ターミナル駅1番線ホーム。北総7300形が通過中。 '10.8.2 羽田空港国際線ターミナル P:RM(伊藤真悟)
クリックするとポップアップします。

来る10月21日に予定されている羽田空港新国際線旅客ターミナルビルの供用開始に向けて、現在準備が着々と進められていますが、昨日8月2日にはマスコミ向けの見学会が実施されました。
この見学会では、新国際線旅客ターミナルビルとともに、同じく10月21日に開業する京浜急行電鉄の「羽田空港国際線ターミナルビル駅」と東京モノレールの「羽田空港国際線ビル駅」も公開されました。ちなみに新国際線旅客ターミナルビルは、3Fが出発ロビー、2Fが到着ロビーとなります。

haneda0001.jpg
▲京急の羽田空港国際線ターミナル駅構内図(京浜急行電鉄パンフレットより転載)。
クリックするとポップアップします。

haneda0002.JPG京浜急行電鉄の羽田空港国際線ターミナル駅は、天空橋駅と羽田空港駅(10月21日より羽田空港国内線ターミナル駅に改称)の間に位置し、ホームは地下2Fとなります。相対式2面で、ホーム延長は160m。国際空港にふさわしい駅として、利用客の使いやすさを最優先に設計、ホームで荷物用カートが利用できるように配慮されています。このためホーム幅員は最大部で13.850mの広さとなり、大型エレベータも複数設置され、荷物用カート転落防止用にホーム柵が設置されています。なお、羽田空港駅(羽田空港国内線ターミナル駅)方面の下りホームは1番線、品川・横浜方面の上りホームは2番線となっています。
▲羽田空港国際線ターミナル駅の駅名標。駅ナンバリングも実施され、同駅は「KK16」となる。 '10.8.2 羽田空港国際線ターミナル P:RM(伊藤真悟)
クリックするとポップアップします。

haneda0004.JPG
▲1番線ホームの改札口は進行方向前寄り(2・3輌目)付近にある。改札を出た先に大型エレベータやエスカレータが備わっている。 '10.8.2 羽田空港国際線ターミナル P:RM(伊藤真悟)
クリックするとポップアップします。

また、外国人の利用客への対応として、2Fの改札口付近には案内カウンターが設置されるほか、10月21日より京急線全駅で駅ナンバリングが導入されます。案内カウンターでは4カ国語対応のコンシェルジュが常時配置され、外国人の利用客に対面で乗車券を販売するほか、観光案内など様々なサービスが提供されます。また、駅ナンバリングは品川駅を「01」として、浦賀方面に「02・03...」の順に駅番号が付番されるもので、路線記号として「KK」が付加されます。

haneda0005.JPG
▲こちらは羽田空港国際線ターミナル駅の2階部分。左手が品川・横浜方面の改札口。 '10.8.2 羽田空港国際線ターミナル P:RM(伊藤真悟)
クリックするとポップアップします。

haneda0006.JPGこのほか、環境への配慮として、駅舎屋根に大田区と連携してエレベータ7基分の電力をまかなうことができる太陽光発電設備が設置されています。一部の太陽光パネルは透過型とされていて、上りホームへの連絡通路内に自然光を取り込むことにより、照明負荷の軽減が図られています。

▲品川・横浜方面の改札を入ると、ホームへ向かう通路の天井に透過型の太陽光パネルが設置されている。 '10.8.2 羽田空港国際線ターミナル P:RM(伊藤真悟)
クリックするとポップアップします。

開業後は「エアポート快特」をはじめとする全種別の列車が停車し、品川駅から羽田空港国際線ターミナル駅までの所要時間は「エアポート快特」で13分となります。また、羽田空港国際線ターミナル駅と羽田空港国内線ターミナル駅は2分で結ばれます。
明日は続いて東京モノレールの「羽田空港国際線ビル駅」をご紹介いたしましょう。

wadachi.jpg

100628asahara7.jpg

レイル・マガジン

2010年8月   

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2016 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.