鉄道ホビダス

京阪「びわこ号」復活プロジェクト始動。

60biwakoo1.jpg
▲寝屋川車両工場で静態保存されている61。1980年の開業70周年記念事業の一環として塗装も新製時に近いものに復元されている。'96.6.3 P:高間恒雄
クリックするとポップアップします。

来る4月15日に開業100周年を迎える京阪電気鉄道株式会社が、来年の市制施行60年を前に「ワガヤネヤガワ・プロジェクト」(寝屋川市ブランド戦略基本方針)を進める寝屋川市ととともに、寝屋川車両工場に保存されている往年の名車「びわこ号」(60形)を復活させるプロジェクトを始動させます。

60biwakoo2.jpg60形「びわこ号」は1934(昭和9)年、天満橋~浜大津間を72分で結ぶ直通特急として日本車輌で3輌(編成)が新製されたわが国初の連接車で、琵琶湖島めぐりやスキー船との連絡に活躍し、いつしか「びわこ号」の愛称で親しまれるようになりました。急曲線と急勾配の多い京津線内では自慢の連接構造を活かしてポールで集電、乗降は車体中央の2段ステップ付きドアを用い、高速の本線内ではパンタグラフから集電、両端のドアから乗降するなど、まさにマルチパーパスのさきがけのような電車でもありました。もちろん"昭和モダン"を象徴する流線型のデザインは、京阪を代表するとともに日本の電車史に燦然と輝くもので、昨年には経済産業省から「近代化産業遺産」に認定されています。
▲ポールは戦後間もなくシングルポールに変更されているが、保存車は復元の際にオリジナルのダブルポールに戻されている。'96.6.3 P:高間恒雄
クリックするとポップアップします。

60biwakoo4.jpg
▲その客室内。復元された木製ニス塗りの車内は素晴らしい状態に保たれている。中央の京津線用ドアのステップ部にバーが設けられているのに注意。'96.6.3 P:高間恒雄
クリックするとポップアップします。

■60形「びわこ号」の経歴 (京阪電気鉄道プレスリリースより)
・昭和9年3月 竣工
・昭和9年4月2日 天満橋~浜大津間、直通運転開始(運転時間72分)
・昭和21年9月 63号大津線へ移管
・昭和23年1月27日 61号大津線へ移管
・昭和23年10月1日 62号大津線へ移管
・昭和26年12月 天満橋~浜大津間に直通スキー列車運転(運転時分86分)
・昭和31年1月15日 浜大津~八幡町間に直通臨時列車「やわた」号運転、初詣直通運転(石山寺または浜大津~香里園間)
・昭和35年頃まで 初午直通運転(石山寺または浜大津~伏見稲荷間)
・昭和36年11月23日 浜大津~枚方公園間に直通運転「菊」号運転
・昭和42年12月 62号廃車
・昭和43年12月 61号廃車
・昭和45年12月 63号廃車
・昭和55年3月14日 開業70周年記念事業の一環として修復保存展示 (ひらかたパーク)
・平成8年6月20日 2回目の修復工事完了
・平成12年1月28日 寝屋川車庫に搬入保存

60biwakoo3.jpg今後の予定としては、まずは車庫内での走行をめざした取り組みを進め、最終的にはイベント列車などとして京阪本線での走行をめざすとしています。さらに、復活後は、各種イベントや撮影会、関連グッズ販売など、さまざまな場面で活用される予定です。なお、復活プロジェクトの枠組みについては、京阪電気鉄道株式会社と寝屋川市両者で復元に向けた課題や役割分担などについての協議を行い、来年3月を目途に明らかにしてゆくそうです。多くの方がその存在を知りながら走行シーンを見ることかなわなかった60形「びわこ号」。復活の日が今から楽しみでなりません。
▲連接部を見る。天井には白熱灯が設置され、柔らかい光が木製の室内を心地よく照らし出す。'96.6.3 P:高間恒雄
クリックするとポップアップします。

ところで、100周年を迎える京阪電気鉄道ではこの60形復活をはじめ、さまざまな記念プロジェクトを計画しておりますが、その一環として、開業時の1形から最新の3000系(新)までの車輌史を細密イラストで綴る一大絵巻『京阪電車 車両の100年』を発行いたします。イラストは『吊掛讃歌』や『1号機関車からC63まで』でお馴染みの片野正巳さん。実際の編集・制作は弊社がお手伝いさせていただいており、今月下旬には完成のはこびとなります。詳しくはまた小ブログでもご紹介いたしますので、どうかお楽しみに...。

100330nrml117bn.jpg
hensyuuchou_520120.jpg

レイル・マガジン

2010年4月   

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ホビダス・マーケット新着MORE

  • 俺がイル
ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2018 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.