« 中央線201系ついにラストランへ。 | メイン | C61 20号機は今...。(上) »

2010年03月03日

EF510形500番代を正式発表。

100303D3S_1455.jpg
▲EF510-501を新たに迎えてずらりと並んだ特急牽引機たち。幸い好天に恵まれ、またとない揃い踏みが実現した。'10.3.3 田端運転所 P:RM(新井 正)
クリックするとポップアップします。

本日、東京の田端運転所で、JR東日本が寝台特急「カシオペア」「北斗星」牽引用として新製したEF510形500番代の公開が行われました。同機についてはすでにその試運転の様子をご紹介しておりますが(アーカイブ「EF510-500ウォーミングアップ開始」参照)、正式な報道公開が行われるのは今日が初めてです。

100303D3S_1410.jpg
▲EF64 1031〔長岡〕には残すところ十日ほどとなった「北陸」のヘッドマークが輝く。'10.3.3 田端運転所 P:RM(新井 正)
クリックするとポップアップします。

100303D3S_1347.jpg100303D3S_1346.jpg
100303D3S_1342.jpg100303D3S_1344.jpg
▲「カシオペア」「北斗星」「北陸」「あけぼの」...JR東日本の寝台特急ヘッドマークの数々。この3月改正以降は3種類となってしまう。'10.3.3 田端運転所 P:RM(新井 正)
クリックするとポップアップします。

田端運転所には主役のEF510形500番代のみならず、JR東日本が運転する4系統の寝台特急列車の牽引機が勢ぞろいして新しい仲間を迎えるというまたとない演出もなされました。ただ、ご承知のようにこの4兄弟のうちの「北陸」は今月13日のダイヤ改正で廃止されてしまいますので、EF510形500番代が実際に営業運転入りする時にはすでにその姿を目にすることはかないません。

100303D3S_1288.jpg
▲ずらり並んだ特急牽引機たち。左からEF510-501〔田〕、EF81 99〔田〕、EF81 97〔田〕、EF64 1032〔長岡〕、EF64 1031〔長岡〕。'10.3.3 田端運転所 P:RM(新井 正)
クリックするとポップアップします。

今回の報道公開に合わせて発表されたのが、注目の「カシオペア」専用塗色機のデザインです。「北斗星」用機のブルーに対して、「カシオペア」用機は全面シルバーの車体に、側面には流星、前面前照灯周りには「カシオペア」のシンボルカラーである青・紫・赤・橙・黄の5本のストライプがあしらわれており、これまでにないテイストが注目されます。

EF510cassifignn.jpg
▲初めて明らかになったEF510「カシオペア」塗色のデザイン。2輌がこの専用塗色となって竣功する予定だという。
クリックするとポップアップします。

これまでにもアナウンスされているように、JR東日本が新製するEF510形500番代は総計15輌。このうち2輌が「カシオペア」用塗色となります。登場時期については明らかにされておりませんが、現車の誕生が今から待ち遠しく思われます。

hensyuuchou_520120.jpg
hirota_2.jpg



ページTOPへ