鉄道ホビダス
  • TOP
  • 編集長敬白

20150729142705-58307464b645716742145a6877e7cb88452bbab3.jpg
▲今年の「鉄道模型ショウ」のポスターにもなっている上野駅13番線の撮影用ジオラマの現物も展示されている。'15.7.29
クリックするとポップアップします。

今日から松屋銀座8階で夏休み恒例の「鉄道模型ショウ」が始まりました。日本Nゲージ鉄道模型工業会が主催するこの催事、毎年ファミリー層を中心に大人気で、今日もオープン直後から会場はたいへんな熱気に包まれていました。

20150729142734-d1374b334424b27a4cd5f292528389aa4ed2145e.jpg今年のテーマは「さよならブルートレイン」。今年8月に運行を終了する「北斗星」を軸に、Nスケールでも根強い人気を誇る歴代ブルートレインを、特設コーナーを例年より拡大して大特集しています。もちろん定番となっている全長40メートルの大ジオラマレイアウトが会場中央に設置され、体験運転コーナーや各社の新製品発表、さらには各種の物販など一日たっぷり楽しめるイベントとなっています。
▲今日から松屋銀座8階イベントスクエアで開催されている「鉄道模型ショウ2015」のエントランス。'15.7.29
クリックするとポップアップします。

20150729142758-4053fd11b232f22c8b428ffe5dffb59eb292d9f8.jpg
▲初日の朝からたいへんな賑わいぶり。体験運転コーナーは早くも45分待ちの大盛況となった。'15.7.29
クリックするとポップアップします。

さて、目玉となっている今年の特集「さよならブルートレイン」は、模型とジオラマで消えゆくブルートレインを再現するのみならず、実物のヘッドマークをJR東日本田端運転所から借用して展示するなどなかなか力の入ったもので、スケールに関わらず、いや、模型を嗜むかどうかに関わらず一見の価値があるものと言えましょう。

20150729142816-5e6e07f21d66cf7dc7992b4fa84252f06d5fb46a.jpg
▲今年のテーマは「さよならブルートレイン」。特設コーナーには歴代ブルートレインがNゲージフル編成で再現されている。'15.7.29
クリックするとポップアップします。

20150729142835-2d74fc856fca773a4a9cdcf1f195425cb2259e24.jpg20150729142858-e88487bf35f805fa40b99fa462e71bb2ab3a9e62.jpg
▲「あさかぜ」「富士」といった歴史あるブルートレインの向こうをシルバーの「カシオペア」が快走する(左)。歴代略年表や走行線区略図などもわかりやすく展示されている(右)。'15.7.29
クリックするとポップアップします。

特設コーナーの一角には夜の闇を走る「北斗星」の走行を再現したスペースがあり、暗闇の中をNスケールの「北斗星」がファンタジックに走り抜けます。しかもBGMのように流れているのは実際の車内録音で、特に掲示がないため気づきにくいかと思いますが、定期最終日上り「北斗星」上野到着前の車内音まで入っています。カレチの最終到着案内は感涙もので、来場された際はぜひお聴きになってみてください(音源はエンドレス)。

20150729144456-af78673505b7d82d5968c59b51cfe3dda8b8bccc.jpg
20150729142919-98d94cf4cfadd561f35273e78b4fa02688ffeaef.jpg
▲特別に仕切られた一室では"夜のブルートレイン"を再現。投影機で走行中の列車が影絵のように壁面に映るギミックも。'15.7.29
クリックするとポップアップします。

20150729142942-35a91f9e76bfa11febd13bea978a6dc05929700f.jpg
▲なんと田端運転所から借りてきたという本物のヘッドマークも展示されている。奥の「ゆうづる」はEF80時代のもの、手前の「北斗星」は現役だが、珍しい金縁の臨時用(定期用は銀縁)のもの。'15.7.29
クリックするとポップアップします。

20150729143000-c69402c78498d17a04475e6e9bc653f0f79a803f.jpg20150729143022-e1042bf424ef940ed23ec232b0b05fcbc750d9dc.jpg
▲昨年の新幹線に続いて大人気なのが記念撮影コーナー。上野駅13番線の「北斗星」最終列車(?)から私も顔を出してパチリ。'15.7.29
クリックするとポップアップします。

この「鉄道模型ショウ 2015」は今日から8月3日(月曜日)までの開催。変貌著しい銀座散策を兼ねて、ぜひお出でになってみてください。

第37回 鉄道模型ショウ2015
期間:2015年7月29日(水)~8月3日(月) 10:00~20:00(入場は19:30まで)
※最終日17:00閉場・入場は閉場の30分前まで
場所:松屋銀座8階イベントスクエア(東京都中央区銀座3-6-1)
◎入場料=一般700円、高大生500円、小中学生300円※小学生未満無料

20150721162657-5115891ce48fd3bf13fd5f49f31372c8343cd9b2.jpg

20150619140130-e411c4c26629fe91fa810bb0c6a70f859c098209.jpg

20150603134641-07e5f8358df8eaf602b9261fe035b9c3c2d5d661.jpg

20150703184437-2de5d1fdc6e76d608fdd3a24d92b9972911919ea.jpg

レイル・マガジン

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
「編集長敬白」が携帯電話でもご覧になれます。下記アドレスもしくはQRコードを読み取ってアクセスしてください。
http://rail.hobidas.com/blog/
natori/m/

ネコ・パブリッシングCopyright © 2005-2015 NEKO PUBLISHING CO.,LTD. All right reserved.